私たちが本格的に蒸機の写真を撮り始めたのは昭和30年代末からですが、大半は学生時代40年代前半に集中しています。卒業して社会人になった頃は蒸機も終焉を迎え、私たちの蒸気機関車の撮影行も終りました。
あと5年早く生まれていたらもっと貴重な写真が撮れたのにと悔やまれてなりませんが、これはいつの時代でも同じことです。


北海道  函館本線  感動の原点です。何回訪れたことか。
 室蘭本線ほか  ついでに立ち寄ったという感じでした。
 名寄本線  天北峠のキューロクの活躍です。
 北海道の蒸機・補遺  あまり多くの路線には行っていませんがこんなところも
 炭鉱の蒸気機関車  寿都鉄道も一緒に掲示しました。
北東北  東北本線 沼宮内・奥中山  本島三良氏に感銘を受け、通い続けました。
 東北本線 小繋・小鳥谷・一戸  大型蒸気機関車の3台運転は忘れられません。
 花輪線  独特のホイッスルと張り裂けるハチロクのブラスト。
 青森・千曳旧線  最後まで残った単線の大動脈。
 奥羽本線矢立峠・盛岡  矢立峠にも通いました。そして眠らない駅盛岡です。
 山田線・北上線  肋骨線とよばれ、あまりみんなが行かなかった線です。
 釜石線・大船渡線  これもマイナーな路線でしたが、よく行ってますね。
南東北  仙台・一ノ関  大型蒸気の拠点でした。C58の姿もみられました。
 常磐線  東京から比較的近く、みんなが訪れました
 磐越西線中山宿  急勾配のスイッチバックを行くD50が本命でした。
 磐越東線  常磐線とかけもちでした。D60の活躍する路線でした。
 只見線・米坂線  一応押さえておかなければいけない線でした。
関東甲信越  関東一円の蒸機  当時は関東近辺にも蒸機はたくさん走っていました。
 御殿場線・中央西線  いずれも山線でD51、D52の主戦場でした。
 篠ノ井線  スイッチバックの名所でした。
関西・中国  亀山・京都  とにかく最後のC51に間に合いました。
 米原・関西本線ほか  加太、中在家の風景です。
 呉線  山陽のおもかげを残す大型機がいました。
 伯備線  風光明媚な地を走っていました。
九 州  筑豊本線ほか  列車本数と車種は豊富でした。
 鹿児島本線ほか  感動の薄い地で写真も多く撮っていません。

 東武の蒸機  東武鉄道の館林に集結した蒸機たち  まだ佐野線で活躍していました。