磐 越 東 線
 

D60が夏井川渓谷や小川郷の田園を走っていました

磐越東線は比較的東京から近かったこともあり、なめくじ会の「つーさん」も「しゅうちゃん」もみんな何回か訪れています。この線はのどかな田園地帯もあれば20パーミルが続く急勾配もあって撮る者を飽きさせませんでした。
夏井川渓谷を行くD60は歯切れのよいブラストを周囲の山々に響かせていました。途中川前には給水塔があり、郡山までたいした距離を走るわけではないのにここで水を補給していました。
D60が本線で客貨車に活躍していた貴重な路線でもありました。常磐線や平機関区と一緒にこの磐越東線を撮りに行くことが多かったように記憶しています。

 
 

 
平機関区で出区を待つD60。シールドビーム化されていましたが美しい機関車でした。   昭和40年 平機関区
 
 
 


たった3両の客車をD60の重連が牽引する上り普通列車です。夏の田園地帯を走ります。   昭和41年 赤井〜小川郷
 写真を拡大できます
 
 
 

 
ここは平に近い平野部なので列車は煙を吐きません。上り普通列車です。    昭和41年 赤井〜小川郷
 
 
 

 
小川郷を出発する上り貨物列車です。駅を出てすぐ夏井川の支流の短い鉄橋を渡ります。   昭和41年 小川郷
 
 
 

 
線路は夏井川に沿って次第に上り勾配となります。   昭和42年 小川郷〜江田(信)
 
 
 

 
江田信号場を下る上り普通列車。右手の線路は引込線でスイッチバック方式の信号場でした。  昭和42年 江田信号場
 
 
 


小川郷から線路は次第に山間部に入り、夏井川と山の斜面の間をうねるように走ります。
牛小川トンネルを出て勾配を下る上り普通列車です。     昭和40年 江田(信)〜川前
 
 
 

 
線路は川前までの間で夏井川を何回か渡ります。ここは下り列車は上り勾配となりD60は歯切れの良いブラストを響かせて
やって来ました。郡山との間の貨物なのでいずれも短い編成です。下り貨物列車です。     昭和40年 江田(信)〜川前
 
 
 

 
バラストを積んだトムを牽いて下りD60と9600の重連貨物がやって来ました。どこかの
工場にでも運搬する定期列車だったのでしょうか。     昭和40年 江田(信)〜川前
 
 
 

 
夏井川に沿って勾配を下る平行上り貨物列車。24.5キロポスト標が見えます。    昭和40年 江田(信)〜川前
 
 
 

 
切り立った険しい崖を下り普通列車が登って来ました。  昭和40年 江田(信)〜川前
 
 
 

 
夏井川渓谷沿いに登って来た下り列車はここで小休止します。給水塔が見えます。   昭和41年 川前
 
 
 

 
バラストを積んだオールトム編成の貨物列車が側線に停まっていました。どこまで行く列車だったのでしょう。  川前
 
 
 

 
昭和40年の川前駅です。うしろが夏井川の橋になっています。昔は日通の建物はどこでも見られました。
 
 
 


下り貨物列車と上り普通列車の交換です。D60はこの頃は補助灯をつけて2灯化されていました。  昭和43年 要田
 
 
 

 
上り普通列車と交換のあと下り貨物列車が郡山に向けて出発します。この列車はドレーンでよく見えませんが
本務機が逆向きでバック運転のD60との重連でした。                        昭和43年 要田

 
 
 

 
三春との間のトンネルを抜けて要田に向かって勾配を登る上り貨物列車。D60は
凄いブラスト音と共に轟然と通り過ぎて行きました。   昭和43年 三春〜要田   
 
 
 

 
残念ながら煙を吐いていませんが要田への最後の勾配を登る上り貨物列車です。    昭和43年 要田
 
 
 

 
D60は郡山機関区の所属で磐越東線のほかに会津若松まで磐越西線の運用もありました。   昭和40年 郡山機関区
 
 
 
 
 
なめくじ会「としちゃん」のカラー
 
 

 
稲穂がクビを垂れる美しい黄金色の田園の中を江田信号場に向かって勾配を登る郡山行列車です。
 
 
 

 
江田信号場を出発、小川郷に向かって勾配を下る平行普通列車。    写真はいずれも昭和42年撮影