伯 備 線

阿哲峡の風景

伯備線備中神代と新見の間の山間に布原という信号場がありました。3重連で一躍有名となった名撮影地です。
朝の9時すぎホッパー専用列車が備中神代から布原まで勾配を下り込んできます。布原で列車交換のあと、新見に向かって25パーミルの上り勾配が始まりすぐトンネルが待ち受けているため、トンネルまでの200mを猛然と3両のD51がダッシュするする姿がファンの血を沸かせました。
このシーンは限られた200mの間でしか展開されなく、撮る写真はみんな同じようになって一度は見てみたいとは思っていましたが、仲間は蒸気機関車が終焉を迎えようとしているときでもあったので他の線に走っていました。
ただひとり「なめくじ会」現役メンバーの「しゅうちゃん」が昭和43年と45年に布原を訪れています。
伯備線は備中神代と布原間の阿哲峡が風光明媚な渓谷として有名でした。
「しゅうちゃん」は3重連はさておき、この阿哲峡での蒸気機関車たちの素晴らしい光景をカメラにおさめています。もちろん3重連も撮ってはいるのですが、ここでは阿哲峡の彼らの晴れ姿をご紹介しましょう。
走行写真はすべて備中神代と布原信号場間です。


4重連の写真を送ったところ駅長さんから丁重な手紙をいただきました。
   今となっては貴重な思い出となりました。   昭和45年    
 

 
 

昭和43年7月時点での布原の列車時刻表です。
こんなのもちゃんと作られていたのですね。
 
 
 

客823レ C58単機牽引    昭和45年
 
 
 

貨2492レホッパー専用貨物 D513重連     昭和45年
 
 
 
 

貨492レ D51重連     昭和45年
 
 
 
 

貨469レ 後部逆向重連補機付     昭和45年
 
 
 

貨891レ C58逆向後部補機付     昭和45年
 
 
 
 

客827レ C58単機牽引    昭和45年


 

客822レ C58単機牽引    昭和43年
 
 
 

客923レ D51重連(ダイヤ上はD51単機)     昭和43年
 
 
 
 

客827レ C58単機牽引     昭和43年
 
 
 

 

貨450レ D51単機牽引(ダイヤ上はD51重連)      昭和43年
 
 
 
 

貨884レ C58単機牽引     昭和43年
 
 
 

貨491レ D51後部重連補機付     昭和43年
 
 写真を拡大できます
 
 
 
 

思いがけずD51の4重連回送がやってきました。3重連が運休だったのでその影響でしょうか。  昭和43年
 
 
 
 

備中神代駅です。看板は次の駅は布原ではなく新見となっています。     昭和43年
 
 
 
 

布原撮影後は備後落合に泊まりました。備後落合には木次線のC56がいました。    昭和43年