50形が走ったネルトリンゲン

2019年4月21日〜22日
 
 

今年も例年通り初春にドイツ・ネルトリンゲンミュージアムがオープンとなり、イースター祭日の21日と22日の二日間、ネルトリンゲンとヴァッサートリューディンゲンの間を列車が走りました。20日にネルトリンゲン入りして博物館に行き、走行機関車は何かと聞いたら、「今は快晴続きで非常に乾燥していて、S3/6形は走れる状態にあるのだが、山火事警報レベル次第で恐らく重油炊きの機関車になるだろう、その場合は50形を用意している」とのことでした。52形ではなく50形なのが唯一の救いでしたので、もうこれは徹底的に50形をあらゆる角度で撮ろうと決心しました。その甲斐あって良い写真が撮れました。
昨年までは、グンゼンハウゼンまで走っていたのですが、今年は縮小され、逆に1日4往復が走りました。
 
 
 

 
ここは隣駅・エッチンゲンに向って2キロほどの、道路がオーバークロスする有名な撮影地です。朝一番だけがギリギリ前面に陽が当たります。やや勾配なので煙を吐きます。
 
 
 
 
 
 

エッチンゲンの手前で道路は踏切を渡ります。本来は貨物線であり、めったに汽車は走らないのですが、ここには警報機がありました。(他の踏切はほとんど標識だけです)
 
 
 
 
 
 

 
助手も乗っていますが、この日は多分「技術整備士」と思われる女性が添乗していました。それだけネルトリンゲンの機関車は完ぺきではないのかもしれません。

 
 
 
 
 
 

 
道路は線路の左側になりますが、ヴァッサートリューディンゲンの手前で一番線路に近づいたところを右折すると、すぐ線路に出ます。ドイツの春は一斉に花が咲きます。
 
 
 
 
 
 

 
これはエッチンゲンからヴァッサートリューディンゲンに向かう列車を途中の高台から狙ったものですが、まともに撮ると逆光ですので、こういう撮り方に切り替えました。
 
 
 
 
 
 

 
ヴァッサートリューディンゲンからの折り返しは、機関車は逆向きになるので、もっぱら真横の写真か俯瞰撮影で撮りました。4往復は移動に忙しく、すぐ次がやってきます。

 
 
 
 
 
 

 
ここは1日目に目を付けておいた、エッチンゲン付近の高台の住宅地からの俯瞰です。坂の途中で、立ち並ぶ家の間から狙える場所を見つけました。煙を真上に吐いています。

 
 
 
 
 
 

 
いつも同じ感じの真横撮影も味気ないので、道路から安直に撮れる場所でバック運転列車を撮りました。バック運転に余り体力を消費する気にもなれません。
 
 
 
 
 
 

 
これは二日目の午前のヴァッサートリューディンゲンに向かう正向きの列車を、思い切って真横から狙いました。結果的にはこれが最後の50形の撮影となりました。
 
 
 
 
 
 

 
せっかくネルトリンゲン・ミュージアムまで来たので、しばらく構内で遊ぶことにしました。この女性整備士が、上の写真の50形走行に添乗していたのではないかと思われます。
 
 
 
 
 
 

 
去年もこの小型タンク機関車は走っていましたが、今年は火を入れていないようです。「LUCI」と名前が入っていますが、どういう生い立ちなのか調べていません。
 
 
 
 
 
 

 
ミュージアムの網の外の本線に、懐かしいレールバスが放置されていました。これもミュージアムで復元するのでしょうか。昔ローカルで走っていた懐かしい2軸車です。
 
 
 
 
 
 

 
これは4年前にチェコのツイッタウにいた同じレールバスで、この時はまだ生きていました。
 
 
 
 
 
 

 
これは西独現役時代のレールバスです。1975年 ホフ駅にて。
 
 
 
 
 
 

 
庫から出てきた「RIES」と相性の書かれた機関車がターンテーブルに乗りました。昨年は見かけなかったタンク機関車です。これも素性は分かりません。火が入っていました。
 
 
 
 
 
 

 
これまた懐かしい往時の塗装の140形です。西独の機関車です。当時は見向きもしなかった機関車です。
 
 
 
 
 
 

 
ホテルに帰る時に、駅に停まっていた同じ140形機関車牽引の貨物列車を撮りました。これはすでに今の統一DBの塗装になっています。