ロンドンのビンテージバス


2016年9月
 

2016年8月末からロンドンに2週間ばかり滞在しました。
その間、ロンドン観光をしたのはもちろんですが、私が一番気になっていた、ダブルデッカーでボンネットのビンテージバスが、一説によるともう定期運用はなくなって、観光用か記念スペシャルでしか走らない、と聞いて果たして現役の走行を見れるかどうか、一抹の不安がありました。
とりあえずロンドンの中心部に行きましたが、それらしき姿は見えません。仕方なくバスのインフォメーションで「まだビンテージバスは運転しているか」と尋ねると、わざわざ調べてくれて「今日はトラファルガースクエア付近を走っている」との嬉しい返事が返ってきました。
さっそくトラファルガー広場に行き、バス停で待っていると、15番に入って走っていることが分かりました。
良かった! まだ現役で走っていたのです。
滞在中に2回ほど中心部にこのビンテージバスを追い掛けて、撮りまくりました。
もう終焉近いことは間違いないようですが、間に合ったことはラッキーでした。これぞロンドンというバスをご覧ください。
なお、場所は特記以外は全てトラファルガー広場近辺です。



 
 
 

初めて見たロンドン名物のダブルデッカー・ビンテージバスです。15番運用に入っていました。






広告の赤いKの文字の下の部分が、女性用のハイヒールに形どられています。おしゃれですね。  








横から見ると形状が良くわかります。タイヤが汚いですね。英国は日本と同じ左側通行です。





 


これが「スペシャルバス」です。どうやら結婚披露の特別仕立てのバスのようです。場所はタクシー内からなので不明です。





 


クラシックな建物の背景に、とてもマッチしています。乗降は後部のオープンデッキからです。これには車掌さんがいます。
 
 
 
 
 


このバスには例の赤い広告のKの文字が入っておらず、オリジナルの塗装です。まだいたんですね。驚きました。







回送バスが突然来たので、慌てて撮りました。でも15番表示が出ていますね??




 


後ろから見ると乗降のデッキ部分(左側通行なので左側にあります)が削られているようで、奇妙なスタイルに見えます。




 


ボンネットのカバーも浮いていて、だいぶ傷んでいるのが分かります。広告なしのバスはなかなか来てくれません。

 






これもボディはかなり傷んでいます。トラファルガー広場のライオン像を入れてみました。新車のBM?が目障りですね。








最後にロンドンタクシーを。これも名物で古典的ですね。 チャリングクロス駅