ミラノ市電150形通称ベントット


2日間ベントットを撮りまくりました
 
 
2019年4月19日〜4月20日

 

ベントットとはイタリア語で28のことのようで、この150形が誕生したのが1928年(なんと90年以上前)にちなんで名付けられた愛称であり、世界でも名車の一つに数えられています。その特徴は、当時としてはヨーロッパでは長尺で、(当時の古典トラムは10m級だった)大きな窓がずらりと並び、出入り口は3か所にあり、しかも折ドアの観音開きの扉であって、これが停車場で一斉に開くところは壮観であったし、開くと同時に折り畳み式のステップが降りるところなどいまだに見ることの出来る画期的な車両でした。
これがまだミラノで走っていると聞いて、撮るなら今しかないと思い、ベルリンから飛行機でファッションの街ミラノに行きました。飛行機はさすがに早く、2日間を有効に使うことが出来ました。
ただ、何系統に走っているかは行ってみないと分からないので、しばらくは中央駅の前で観察をし、しかもトラムに乗って調べましたが、とりあえずは19と10系統に入っていることが分かりました。
ドイツとは全く違う街並みを走るベントットは素晴らしく、本来は右側通行の為、扉側を撮るのは難しく大変苦労しました。また、広告電車も多く、オリジナルのすっきりしたベントットは数えるしか撮れませんでした。
写真にはあまり解説を付ける必要はなく、じっくりこの古典車両を見ていただいたほうがいいかと思いますので最小限にとどめました。
 
 
 
 
 

 
まずはお話しした、右サイドの扉側の写真です。こういう場所でしか撮れません。木製なのがまたいいですね。
 
 
 
 
 
 

 
これは反対側の扉のない側です。味気はありませんが、大きな窓と角型のスタイルが抜群です。
 
 
 
 
 
 

 
調査のために乗った車内の写真です。木製のベンチシートです。
 
 
 
 
 
 

 
ビル影もありなかなか右サイドからは撮れません。どうしても正面がちになります。
 
 
 
 
 
 

 
車内も撮ってみました。誰も気にとめません。
 
 
 
 
 
 

 
運転席の後ろからも1枚。狭い仕切りドアのガラス越しで。
 
 
 
 
 
 

 
これは右サイドを狙った会心の1枚です。
 
 
 
 
 
 

 
これは電停で扉が一斉に開いたところです。これを撮るのも難しいです。前に車やバイクがいることが多いからです。
 
 
 
 
 
 

 
たまたま10系統は泊まったホテルの近くだったので、カメラ1台を持って気軽に出られました。
 
 
 
 
 
 

 
反対側は逆光になりますが、街並みを撮るには抜群の雰囲気です。
 
 
 
 
 
 

 
こんな広告電車も走っています。これはまだ地味なほうです。屋根上まで広告を付けています。
 
 
 
 
 
 

 
ここは19番系統の街の中心部。バックの建物はスペインのファッションブランド、ZARAのお店です。
 
 
 
 
 
 

 
これも運転席後の狭いガラス越しに対向車のベントットを撮りました。(調査のための移動中です)
 
 
 
 
 
 

 
木陰が写り込んでいますが、これもまたいいものです。ミラノの春は暑いくらいでした。
 
 
 
 
 
 

 
複雑なクロッシングです。市内にはいたるところに分岐があります。広告なしのベントット。ロゴマークがいいですね。
 
 
 
 
 
 

 
ミラノと言えばドゥオーモ。ロンバルディア州の大聖堂をバックにヴェントットを撮りました。私の腕ではこれが精一杯の写真です。(撮影場所はこの位置だけです)
 
 
 
 
 
 

 
新緑とオリジナルのベントットと、信号待ちのお洒落な女性を。
 
 
 
 
 
 

 
これも反対側ですが、広告なしのオリジナルだったので撮りました。とても美しい!
 
 
 
 
 
 

 
イタリアの街並みを代表する光景です。電停で扉が開いています。
 
 
 
 
 
 
 
 
そろそろミラノともお別れ。イタリアのアパートにはベランダがあります。
 
 
 
 
 
 

 
都心部に戻って、ヴェントットではありませんが、古風な建物が並ぶ大通りで1枚。
 
 
 
 
 
 

 
バックにはイタリアの老舗ブランドのマックス・マーラの店舗を入れてベントット最後の1枚。
 
 
 
 
 おまけ
 

 
地下鉄3号線