ドイツ01牽引のツアー列車が走った


10日間の01牽引列車が実現しました
 
 
2015年7月31日〜8月9日
(撮影は8月7日から9日までです

 

もう2か月くらい前になるでしょうか、私のテツの知人からドイツで10日間01だけの牽引でツアー列車が走る、という情報が入りました。
実に壮大で、01ファンとしては見逃せない運転列車ではあるのですが、なにせ情報が不足しています。またこの手のツアーは、人が集まらずに突然直前に中止になったりすることが多いので、慎重に情報を集め、自分で判断して行動しなくてはなりません。
1両の01で全走行をするわけではなく、当初は6〜7台の01が参加するという風に聞きました。当然、旧東独の01 118、01 066 原型が登場して7日から8日目辺りには、この旧東独の原型01の重連が牽引する、という情報も主催者のホームページに載りました。
本当かどうかは分かりませんが、飛行機の切符が買えるギリギリまで情報の正確さを確かめることにしました。ベルリンの友人にも助けを頼みました。彼が言うには、このツアーの主催者は鉄道を中心にしたツアー専門会社で、信頼がおける会社だという返事が来ました。そして、極秘に「参加機関車」「運行詳細表」を入手してもらいました。すると、どうやら01 118 は不参加らしいのですが、内容は充実していて、10両の客車連結、重連が基本、01のあらゆる形式が参加する、しかも古典機関車に属する38型も参加。重連の同時出発(5両ずつに分けて2編成を作る)と併走、フォト・ラン・バイ(撮影用にいったん止まってバックしてまた再出発する)、38型を5分先に出発させ、その後を01牽引列車が爆走して追い掛け、途中で38型を追い抜くというサプライズも用意してあることが判りました。
これだけ詳細を詰めていれば、たぶん中止はない。現に、ホームページには残り何席、と出るようになりました。ファーストクラスはあっという間に売り切れ、2等車も虫食いで。どこからどこまでが空いている、と出るので、私はこのドイツのハイライトである7日から9日最終のニュールンベルグ到着まで撮るつもりで、ドイツ行を決心したのでした。
結果的には、猛暑日が続き、山火事の危険レベルが 4から5に上がったため8日の夕方から、石炭焚きの01は取り除かれ、重油焚きの01 1066の独壇場となりましたが、この3気筒01は本当に最後の500km以上を単機で牽引し、よく走りました。
拍手喝采です。写真は従って01 1066 の走行が多くなりましたが、それでも原型機01 2066 がなんと三重連の先頭に立つなど、驚き一杯の01撮影行でした。
行ってよかった。悔しいこともありましたが、今は満足感でいっぱいです。

 
 ※ 友人K氏から写真が送られてきましたので、追加しました。
 
 
 
 

 
今回の撮影の足となったフィアットです。イタリアの車なのに、フランスナンバー、しかもドイツで借りています。
 
 
 
 
 

 
7日の朝、飛行機で フランクフルト到着と同時にその足で、最初の撮影地のハイデルベルグの先に行きましたが、15分たっても01列車は
来る気配がありません。友人の携帯にダルムシュタッドは定刻に出発したという連絡が入っています。不吉な予感がしながらも最新ICEを。
 
 
 
 
 

 
咄嗟にひらめいたのが、並行して南北に走る別線のコースを カールスルーエに向かったのではないか、ということで、直ちにこの場を引き上げ
次の撮影予定場所であるハスラッハ付近に急行しました。予想通り01 1066列車は定時にハイスピードでやってきました。 おお!素晴らしい!
 
 
 
 
 

 
そして次の予定地、ハウザッハで今回の最初のイベントである、2編成重連列車の同時出発と 併走が始まります。車で追い掛けても、もう既に
客車は分割され、機関車の組成を行っている時でした。この 01 202号はナンバーもプレートもつまらない機関車で どうにも好きになれません。 
 
 
 
 
 

 
この時は悔しい思いをしました。左側の空き地に行けたら、原型01の見事な編成写真が撮れたのに。時間もなく、当然横断禁止です。
 
 
 
 
 

 
出発時間よりかなり前に先方の道路の陸橋に行きました。まだ機関車の組成が終わらず、今回唯一の原型01が行ったり来たりしていました。
 
 
 
 
 

 
いよいよ出発ですが、電化区間なので架線柱やワイヤーがモロに邪魔してます。しかしここしか撮れる場所はありません。ド迫力の出発でした。
 
 
 
 
 

 
 場所は変ってズルツ付近。一生懸命、角度とピンと露出を合わせている誰かさん。 すぐ近くで水遊びをしていた家族
がクルマで脇を通って帰っていくときに、「グッド・ラック」と声を掛けてくれました。このあと、運よく晴れてくれました。
 
 
 
 
 

 
01 1066 ですが、プレートは旧ライネにいた当時のコンピュータナンバー、012 066-7 を付けているので横からも狙いたい。でもちょっと小さいかったな。ズルツ付近です。
 
 
 
 
 

 
ここから複線になるのでややサイドが開けます。こうやって見ると往年のライネの012を思い出します。ちょうどお尻まで入りました。 ズルツ付近。
 
 
 
 
 

 
初日に泊まったウルムのホテルです。2日目の朝、バイキング朝食ですが記念に1枚撮っておきました。
 
 
 
 
 

 
さて、2日目は列車の先で宿泊したため、朝はゆっくりで、9時半ごろ通過する、エルバッハ付近で狙いました。まだ完全に陽が廻っていません。
 
 
 
 
 

 
本来は原型機01の118号機が走る予定でしたが、何故か不参加のため、有名保養地であるリンダウの「海の中道」もあまり燃えません。
ただ、ロケーションは最高で、OBBの急行列車も海(湖)を入れて撮りました。ここはリンダウ駅の北側の陸橋です。私の心も快晴です。
 
 
 
 
 

 
友人の情報では、リンダウ駅では2番線に入るとのこと。ということは左端の線路から来るので、二つ渡り線を渡るはずで、車両は蛇のようにくねった形になります。
それを計算に入れて狙いました。この150号機は、これまた西独の001の改称ナンバーでしかもコンピュータプレート。 これでなくちゃ。 2両目本務機は01原型です。
 
 
 
 
 

 
綺麗になりすぎている線路や道床も撮影には問題ですね。たぶん構内の線路配置を変えたのかもしれません。ワイドで狙ってみました。
 
 
 
 
 

 
友人は陸橋の上からは撮らず、下の遊歩道から斜面を登ったようです。ここからは湖は入らないと思っていたら僅かに入っています。 撮影:友人K氏
 
 
 
 
 

 
駐車場に戻るときに、湖と対岸のホテル(?)とヨットを入れてスナップしました。綺麗なところですね。
 
 
 
 
 

 
リンダウは行き止まりの駅なので、長時間停車して客を降ろし、機関車もトライアングル線路で向きを変えます。かなり時間があったので
次の撮影地に行く前に、リンダウ郊外の古びてはいますが、いかにもドイツ風のホテル兼レストラン(飲み物だけも可)に立ち寄りました。
 
 
 
 
 

 
友人が、民族衣装を着た若い子がいてどうやら結婚式がありそうだ、と言います。おお!これこそ私の出番。
 
 
 
 
 

 
案の定、子供の鼓笛隊に先導されて、花婿、花嫁が道路を歩いて来ました。こんな光景はめったに見られない。
 
 
 
 
 

 
さて、今日の最後の撮影地で、勾配区間のヘルガッツの大S字カーブのお立ち台。時間になると小型飛行機が低空で飛んできました。耳を澄ますと機関車の
轟音が。カーブから機関車が顔を出しました。なんと01原型を先頭にした三重連です。一瞬周りにいた地元ファンも私も凍りつきました。 飛行機は空撮です。
 
 
 
 
 

 
この丘は手前でワイドにするとこんな感じでした。次位は01 150、本務機は01 1066。煙は吐いていますが、こっち側になびいています。 撮影:K氏
 
 
 
 
 
 

 
その夜は三重連を祝ってアウグスブルグのホテルから日本料理店に繰り出しました。そして翌朝はアウグスブルグの郊外で撮影。
まず古典機38型がやってきました。これが走ることは公表されず知っているファンはわずかだったと言います。客車もいいですね。
 
 
 
 
 

 
キャブの真下に動輪がありますね。テンダの台車も板バネを使っています。機関士たちものんびりしています。
 
 
 
 
 

 
このあとわずか3分後に、猛然と01が追い掛けてきました。この先約8kmのメリングまでの間に、38型列車を追い抜くようです。よくやるな。
 
 
 
 
 

 
上のイベントを撮った後、次の撮影地ランツフート駅付近に向かいます。ここは駅の手前ですので力行はしていませんが、とにかく1枚。
 
 
 
 
 

 
駅に行くと、もうフォト・ラン・バイの支度をしていました。駅手前500m位まで一旦戻って撮影会。これはその戻りで、煙をまだ吐いています。
 
 
 
 
 

 
しばらくここで小休止。編成写真もいいんですが、なにかつまらない写真になってしまいました。撮影会の場所に行くべきでしたね。後悔。
 
 
 
 
 

 
11時13分、重油焚きの01 1066 は煙を吐いてランツフートを出発。山火事警戒レベルが引き上げられているので、もうこの機関車に託すだけです。
 
 
 
 
 

 
重油焚きでも凄い煙が出るものですね。このときは単機牽引でしたので3気筒の音がはっきりわかりました。この排気音のリズム感。 撮影:K氏
 
 
 
 
 

 
このあと列車には追いつかないので、レーゲンスブルグのインド料理店で遅い昼食です。店長が撮ってくれました。
 
 
 
 
 

 
そして最後の夜の宿泊ホテルはニュールンベルグ。3日間の撮影の中で、やっと真横から01を撮ることが出来ました。本当は原型を撮りたかったのですが。
 
 
 
 
 

 
翌日は朝早く起床。7時前にはニュールンベルグの駅に行きます。今日は月曜。通勤客を運んできます。
 
 
 
 
 

 
私は7時丁度の、フランクフルト空港駅に行くICEに乗ります。列車内は混んでいるようです。
 
 
 
 
 

 
ICEは自由席は基本的にありません。空いている席に座ります。表示があって予約区間が分かりますので
その区間以外は自由に座れるということです。いまは152kmの掲示が出ていますが200kmも出します。
 
 
 
 
 

 
無事にフランクフルトからNH203便に搭乗。目が覚めたら もう日本の上空を飛んでいました。
このエンジンはゼネラルエレクトリック社のGE90。前回は同じANAでもロールスロイスでした。
 
 
 
 
 
最後にひとこと
 
 

 
結果的に重油焚きが必要とされ、最後まで頑張った01 1066 号機。 こう書くとナンバーが違うじゃないか、と思われる方もいるでしょうが
これが最後までライネ機関区に残った01の3気筒66号機コンピュータナンバーなんです。今ではもう見られない東西ドイツ時代の遺産の
DBマークがしっかりと取り付けられ、所属機関区はBw(機関区) Rheine と書かれているところなど、本気度が真に出ています。幸か
不幸かこれが偶然にも終点まで牽引しました。私はこれを現役時代にライネで見ていますので感慨ひとしおです。おつかれさま66号機。