東急玉川線

私たちの青春と共に消えた路線でした

私たちは東京の世田谷で育ったので玉電はまさに地元の電車でした。昭和44年に玉川線・砧線が廃止されたので私たちがそろそろ社会に巣立つ頃でもあり、まさに青春と共に玉電は消え去っていったのです。
高校が大橋の近くにあったので昼休みや下校時によく玉電を見にいきました。ただその割には写真を撮っていません。灯台もと暗し、とはよく言ったもので、「なめくじ会」のメンバーも実はそんなに写真を持っていないのです。たまたま通り合わせた電車をスナップする程度で腰を据えて撮ったわけではありません。「なめくじ会」メンバーの「つーさん」は昭和44年になくなるとなって慌てて出掛けていきました。
ここでは「つーさん」の撮った玉電を中心に当時を振り返ってみたいと思います。もうひとりの現役メンバー「しゅうちゃん」も昭和42年に撮っていて、ところどころで頑張っています。
写真の撮った場所が特定できないのもあります。もしお分かりの方がいらっしゃればご教示ください。

 
 
 

大橋車庫です。高校生の時に見に行きましたが雑然とした所にありました。
 
 
 
 

40形です。これはパンタ化されず最後までビューゲルでした。   大橋車庫
 
 
 
  

200形が休んでいます。昭和30年(戦後10年)誕生の車両とは思えないスタイルです。ドアが開くとステップが動いて
出る仕掛けが斬新でした。どこかの路面電車会社が買い取ればよかったのにと思われてなりません。   大橋車庫

 
 
 
 

80形は窓上両端が円形で上品な顔をしていました。   大橋車庫
 
 
 
 

40形車内です。男性化粧品「エムジー5」の車内広告が懐かしい・・・・
 
 
 

夕暮れの雪の渋谷駅。井の頭線のホームから玉電ホームが見えました。
 
 
 
 

渋谷からの専用軌道です。正面に東横百貨店が見えます。ここから路面に出ます。
 
 
 

渋谷の専用軌道を登り、道玄坂上で道路に出て路面併用となります。
 
 

 

ネガシートには「上通」と書いてありますが「上通」ってこんなに狭かったでしたっけ・・・
 
 
 
 

大坂上から渋谷方面を望みます。
 ★'08年4月29日、「yoshigami」さまより、ここは三軒茶屋とのご指摘をいただき『三軒茶屋から渋谷方面を望む』に訂正します。
 
 
 
 

大橋です。ここは246号線で片側3車線の大通りです。当時からここは広かったのですね。
 
 
 
 

池尻側から大橋方面を見るとこんな感じだったのです。
 
 
 
 

これも池尻と書いてありますが・・・246号には間違いありませんがどの辺でしょう。今となっては確かめるすべがありません。
 ★'08年8月28日、saro153901さまより、ここは神泉町の旧山手通りとの交差点ではないか、
 とのご指摘があり『池尻』を『246号線神泉町の旧山手通りとの交差点』に訂正します。

 
 
 
 
 

三軒茶屋です。下高井戸方面とここで分岐します。
 
 
 
 

新町の停車場です。ホームも安全地帯もなかったのですね。
 
 
 
 

桜新町付近です。今はこの下を田園都市線が走っています。
 
 
 

瀬田から渋谷方向に向かいます。狭い通りだったのですね。「ジャマ電」と言われたのがよく分かります。
これは「しゅうちゃん」が昭和42年に撮影したものです。

 
 
 

玉電瀬田です。二子玉川に向かいます。これも昭和42年「しゅうちゃん」撮影。
 
 
 
 

電車は瀬田から手前の二子玉川に向かって下ってきます。ここも専用軌道でした。
 
 
 
 

終点二子玉川園駅に進入します。
 
 
 
 

二子玉川園の駅です。右手には建設中の新玉川線のコンクリート橋が見えます。砧線もここから出ていました。
今のニコタマからは想像も出来ない光景で大変貌をとげています。
 
 
 
 

これは昭和39年に「しゅうちゃん」が撮った二子玉川園駅の貴重な写真です。まだ大井町線が二子橋を単線路面併用で走っ
ていた頃です。大井町線のツートンの名車3450も懐かしいですが、玉電も行先板が落とし込みではなくパタパタ方式でした。

 
 
 
 

これは砧線には間違いありませんが何も書き留めていないので場所が不明です。お分かりの方がいらっしゃいましたらご教示ください。
 ★2010年1月8日、「かずくん」さまと「鈴木」さまのご指摘により、ここは吉沢駅に間違いない
とのこと。ここにお礼を申しあげると同時に「吉沢駅にて」とキャプションを訂正いたします。

 
 
 
 

終点砧本村に到着です。
 

 と、まあこんな具合で玉電は走っていたのですね。昔世田谷、今は田園都市線沿線に住む私から見るとこの路線ほど廃線後に大変貌をとげた沿線はありません。もっとも社会人になってから還暦までの40年弱の長い間にはそれだけ変わるということなのでしょう。当時の玉電の日常がよく表れていますね。