昭和40年前後の首都圏の車両

まだ茶色い国電が全盛のころです。新宿から房総に向かう気動車が発車していました。常磐線に画期的な交直両用中距離電車401形も登場。入換には小型DLが頑張っており、古い電気機関車の姿もみられました。懐かしい昭和の首都圏の光景です。

 
 
 
クハ79先頭の京浜東北線。見事に72系4扉車で統一された編成です。     昭和40年 東神奈川〜横浜
 
 
 

 
砲弾型ヘッドライト、半流線型の美しいクハ55。旧型国電を代表する車両でした。     昭和37年 品川〜大井町
 
 
 

 
京浜東北線は北行方面の先頭にクモハ73が連結される編成が多くみられました。     昭和39年 鶴見〜川崎
 
 
 

 
総武線はまだ半流線型の3扉車が活躍していました。御茶ノ水の中線に並んだ40系。     昭和39年 御茶ノ水
 
 
 
 

総武線にも101形が入り始めましたがまだ半流のクハ55は72系に混じって頑張っていました。    昭和40年 秋葉原
 
 
 

  
 山手線にはカナリア色の美しい101形が走っており茶色の国電のなかでひときわ映えていました。    昭和40年 日暮里付近
 
 
 

 
山手線にデビューしたウグイス色の103形。正面窓が101形より高めになっていました。     昭和43年 鶯谷
 
 
 

 
同じところから狙った上り80形ディーゼル特急の「つばさ」です。相変わらず美しい列車でした。   昭和43年 鶯谷

 
 
 

 
赤羽線では72系が最後までみられました。        昭和41年 十条
 
 
 

 
 前パンに集電パイピングが格好よかったクモハ73。   昭和40年 赤羽付近
 
 
 

 
常磐線には半流線型のクモハ60がよくみられました。戦前の代表車で堂々としたスタイルでした。    昭和38年 南柏〜柏
 
 
 


 常磐線に17m車のクハ16が走っていました。20m車3扉・4扉がごちゃ混ぜの編成です。     昭和38年 南柏〜柏
 
 
 

 
昭和40年を過ぎると常磐線にも72系が多く見られるようになりました。ここも大きく様変わりしました。   昭和40年 三河島
 
 
 

 
おでこに白帯を巻いて登場した交直両用401形。常磐線に近代化をもたらした車両でした。    昭和38年 南柏〜柏
 
 
 

 
堂々12両編成で東京駅乗り入れの401形。白帯が消え幌枠の金属も塗りつぶされています。   昭和41年 北小金〜南柏
 
 
 


常磐線にはまだD51の牽く貨物列車がみられました。柏で入換をおこなうD511033(田端)です。    昭和38年 柏
 
 
 

 
準急「ときわ」です。クリームに赤帯の準急色のほかこの急行塗色のキハ55も時々見られました。    昭和38年 南柏〜柏
 
 
 

 
常磐線で試運転を行う451形。運転側のドアが外吊り式になっている初期形です。     昭和37年 南柏
 
 
 

 
急行に格上げされた「ときわ」。153形の交流版451形の美しい姿がみられました。     昭和42年 北小金〜南柏
 
 
 


準急「水郷」と「犬吠」は佐倉で併結されました。新宿寄りが「水郷2号」です。      昭和40年 御茶ノ水
 
 
 

 
 新宿発の「犬吠3号」。これも佐倉まで「水郷3号」と併結です。都心の中央線を走る気動車列車でした。    昭和40年 新宿
 
 
 
 
 
両国から出ていた準急「京葉」。両国は房総方面の列車発着駅でした。キハ20を片運転台にしたキハ25の
正面にロープで支えながらヘッドマークを取り付けています。                   昭和37年 両国
 
 
 

 
中央線は新宿からEF13牽引の客車列車が出ていました。列車名は不明です。     昭和40年 吉祥寺〜三鷹
 
 
 

 
 南武線は数少ない17m車の活躍舞台でした。正面非貫通のクモハ11。     昭和39年 登戸〜中野島

 
 
 

 
 これは正面貫通式クモハ11の400番台です。沿線はのどかな風景でした。     昭和39年 登戸〜中野島

 
 
 


南武線にはまだED16の牽く貨物列車が走っていました。        昭和39年 登戸〜中野島



 
横浜線は20m車が走っていました。クモハ60が先頭の美しい編成。最後尾は両運転台のクモハ40。   昭和40年 八王子
 
 
 


これは横浜線に72系が入ったあとの写真です。行先板が矢印式になりました。     昭和45年 中山
 
 
 


田端機関区にいたEB10。停まっているのは何回か見ましたが貨物を牽いて動いている姿は知りません。    昭和38年 田端
 
 
 


大宮で見たDD90。エンドキャブの珍しいスタイルで電気式DL入換機でした。     昭和39年 大宮
 
 
 

 
米軍が持ち込んだGE製の電機式DL入換機。所属は国府津でした。    昭和40年 横須賀
 
 
 


汽車会社製の初の液体式DL。これは1次車です。入換専用機ではなかったようです。     昭和41年 横須賀
 
 
 
 
前部にデッキが取り付けられている異色のデッカー。横須賀線で元気に貨物仕業に就いていたころ。   昭和40年 横須賀
 
 
 

 
 両運転台荷物車のモニ13。行先板入れがないので正面貫通扉がすっきりしています。    昭和41年 田浦

 
 
 

 
最後は御殿場線を走っていたエンジン2基搭載のキハ51です。キハ16に混じって活躍していました。    昭和39年 東山北