昭和41年の身延線

身延線に茶色い旧型国電が走っていました。「なめくじ会」の「しゅうちゃん」は甲府側で、私は富士側でこの身延線の国電を撮っています。貨物はED17、急行は湘南型80形が4連で活躍していました。笛吹川も良かったし、富士山麓を行く茶色い電車も絵になりました。あまり沢山写真は撮っていませんが当時を振り返ってみましょう。
このあと10年後に再び身延線に旧型国電を追いかけたのですがそのときは既にスカ線色になっており41年時の面影はありませんでした。


            
                         ■富士側



 
朝の富士電車区です。かつて横須賀線の主だった元モハ32(写真当時はクモハ14)たちが顔を揃えていました。
ただ身延線はトンネル内の車両限界のため低屋根化されていて往年の面影はありませんでした。  富士電車区
 
 
 

 
これは元阪神間の省電クロハ59(2・3等合造制御車)の改造車です。2扉を3扉化したため窓配置が均等
ではありません。こんな歴史のあるすごい車両がたくさんいました。電車の博物館でした。   富士電車区

 
 
 

 
これは制御車の代表でもあるクハ47です。改造されて正面雨樋が丸くなっています。
もともとは横須賀線の
モハ32編成の増結用制御車として登場したもの。リベット丸出しのいかつい車体です。     富士電車区
 
 
 

 
これも関西からやってきた半流線型後ろパンタのクモハ51です。ヘッドライトこそ砲弾型から通常ライトに
変わっていますが半流線型で幌付きは珍しく重厚な雰囲気がありました。パンタグラフの取り付け部分の
屋根が低くなっていて車内もその部分だけ天井が低くなっていました。             富士電車区

 
 
 

 
富士電車区から駅に行く途中でED17の牽く貨物列車が富士方面に向かってやってきました。   富士〜本市場
 
 
 

 
 富士に向かう上り電車です。まだこの辺は周囲が家並でうるさかったので
 正面だけを望遠で撮って周りをカットしました。        富士〜本市場

 
 
 

 
富士山を入れて撮ろうと竪堀に行くと突然富士宮に向かって湘南電車が来ました。あわてて後追いで撮ると最後尾はなんと
正面がまだ原型オリジナルに近い
クハ86でした。ヘッドライトが改造されているだけで木製窓枠の湘南電車がまだ現存して
いることに驚きました。富士宮までの臨時列車ですがどこの所属のクハ86だったのでしょうか。        竪堀〜入山瀬
 
 
 

 
やっと綺麗な富士山が望める場所にたどりつきました。雲は出ていますがまだ山にはかかっていません。   竪堀〜入山瀬

 
 
 

 
元横須賀線用20m車クモハユニ44です。これも低屋根化されています。    竪堀〜入山瀬

 
 
 

 
あっと言う間に富士山に雲が出てきました。
これは17m車のクモハ14です。    竪堀〜入山瀬
 
 
 

 
富士宮駅に行くと先ほどの臨時列車が停まっていました。こんなところで原型のクハ86が見られるとは
思ってもいませんでした。これで150Wの小さいライトだったら文句なかったのですが。     富士宮駅
 
 
 

 
西富士宮にも行ってみました。本当はここから山に向かって好撮影地があるのでしょうが今回はここまででした。  西富士宮駅

 
 
 

 
帰りがけに富士駅手前で身延線が東海道線と併走するところで撮りました。6連が走っていました。   富士駅付近
 
 
 

                         ■甲府側


 
 
これは当時80形で運転されていた準急「白糸」です。昭和41年に登場して43年に急行に格上げとなったので2年間しか
走らなかった短命の列車です。もう一つ走っていた急行「富士川」とともに大きな独特のヘッドマークをつけていて身延線の
看板列車でした。全金属製の美しい80形が使われていたことも特徴です。                 甲斐上野〜東花輪

 
 
 
 

 
モハ14とクハ47のオール2扉編成の4連がやってきました。17mと20mの長短コンビです。   甲斐上野〜東花輪
 
 
 

 
上り静岡行急行「富士川」です。準急「白糸」が甲府〜富士間だったのに対し「富士川」は静岡まで直通で乗り
入れていました。この頃身延線は通票閉塞だったのですね。正面ヘッドマーク上にタブレットの輪が見えます。
これも全金属製の80形で美しい編成でした。笛吹川を渡ってきます。            甲斐上野〜東花輪

 
 
 

 
富士行の上り電車です。これもクモハ14が先頭のスタンダードな編成です。      甲斐上野〜東花輪
 
 
 

 
 ED17牽引の上り貨物列車がやってきました。これはトップナンバーです。中央東線で活躍していましたが
ED60や
 61の登場で支線に押しやられこの当時は甲府機関区所属で身延線に走っていました。     甲斐上野〜東花輪
 
 
 

 
よく見ると片側にしか運転室扉がありません。大きな動輪上に車体が載っているので貨物に比べると相当床位置が
高くなっています。 運転士は乗りづらい機関車だったと思われます。デッカーの特徴だったのでしょうか。これも運転
室窓にタブレットがかけられているのが分かります。笛吹川を渡る1号機です。            
甲斐上野〜東花輪
 
 
 

 
クモハユニ44をつけた甲府行です。笛吹川を渡って甲府盆地に入ります。     甲斐上野〜東花輪

 
 
 

 
身延線の電車は甲府と塩山間の区間運転の運用もありました。これはクハ47ですが珍しく正面雨樋が
原型の面影を残す直線となっています。確か身延線から旧型国電が姿を消す最後までこの原型は生き
残っていました。左側にはEF13の牽く客車列車が見えます。                     甲府駅