index
10/23/04 『第17回東京国際映画祭』
12/01/04 TOKYO-FM 渋谷スペイン坂スタジオ 『MUSIC VIBES』
12/05/04 パシフィコ横浜 『13th HOT ROD Custom Show』
12/18/04 HMV渋谷店 『「約三十の嘘」TALK SHOW』

04/07/05 横浜スタジアム 『クレイジーケンバンド・ナイト』
05/21/05 札幌HALL F-45 『Back to the 90's World Tour』
05/29/05 東京ベイNKホール『MTV MUSIC AWARD JAPAN』

07/05/05 タワーレコード渋谷店『クレイジーケンバンド 横山剣 握手会』
07/11/05 NHKホール『ポップジャム公開録画』

07/15/06 『- Q New Album "BANGSTA" Release Party -』@ageHa

03/11/07 「てんやわんやですよ」発売記念イベント 東京・TOWER Cafe/HMV渋谷
07/17/07 日本テレビ「Music Lovers」公開収録
12/08,09/07 「クレイジーケンズ マイ・スタンダード」発刊記念サイン会 青山ブックセンター六本木店/有隣堂本店

02/06/08 横山剣の親の店「SUZIE WONG」開店
07/20/08 クールス33周年イベント「BIG POWER SHOW」@LIVE HOUSE HUNGRY

07/20/09 TOKYO FM スペイン坂スタジオ公開生放送『TOKYO FM HOLIDAY SPECIAL SUNSTAR TONIC Presents 爽るTONIC, SOUL MUSIC, 爽るFESTIVAL』
07/20/09 TOWER RECORDS 渋谷店 ニューアルバム『ガール!ガール!ガール!』大試聴会

08/13/09 バーニーズ・ニューヨーク横浜店/横浜マリンタワー『ウィンドウ・ディスプレイ&クレイジーケンバンド・コーナー』
08/21/09 『クレイジーケンバンドラジオショウ H.R.H.S. スペシャルイベント』@DRAGON CLUB

01/10/11 HMV横浜VIVRE クロージングイベント「Crazy Ken's KARAOKE Show Case」

01/15/11 横浜マリンタワー開業50周年「マリンタワーで乾杯!」

04/14/12 『クレイジーケンバンド・ラジオショウ HONMOKU RED HOT STREET 'GARAGE PARTY'』@yokohama Bay Hall

09/16/13 『僕を呼んでおくれ』@GRAND Cafe

07/05/14 『京都×横浜 ロックンロール友好都市会議 バンヒロシ大学』@浄土宗西山深草派総本山誓願寺
07/19/14 『クレイジーケンバンド ニューシングル「スパークだ!」発売記念 実演販売』@ラゾーナ川崎プラザ 2Fルーファ広場 グランドステージ

08/06/16 『クレイジーケンバンド 17thアルバム「香港的士」発売記念 実演販売』@ららぽーと横浜セントラルガーデン


10/23/04 『第17回東京国際映画祭』




その日は一通のメールから始まった…。

目を覚ましたばかりの午前10時。
知人から「第17回東京国際映画祭」のオープニングの詳細を記した
メールが一通。

それだけで、すぐに気付きました。
「剣さんが、赤絨毯!」

14時過ぎにヒルズ到着。
でも普段行かないから、けやき坂通りって言われても…。
インフォメーションと警備の人に聞きつつ、やっと現場に到着。
六本木ヒルズって、広いね。

オープニングは16時からだけど、よい場所にはもう黒山の人だかり。
赤絨毯のセッティングなんて滅多に見れるものではないから、ジッと見る。
職人さんたちが広げたり、測ったり、切ったり、繋げたり、貼ったり、手際の
よさに小さい声で「ブラボー!」
最後は長い柄のコロコロ(?)で小さなゴミを取って仕上げ。
「そーそー、剣さんが歩くんだから、しっかりとお願いします」、なんてね。

そんなことをしている間にも、すごい数の報道陣が続々と所定の位置に
ついていきます。
カジュアルな服装が多い制作マンのかたがたも、この日ばかりはジャケット着用。
(たぶんGパンは禁止)
女性リポーターもワンピースやドレッシーなスーツで、華やかさとフォーマル
感を引き立たせていてイイネ!

そしてとうとう、始まりました。
まず歩いてきたのは、この後のレセプションの司会のジョン・カビラさんと久保純
子さん。
カビラさんって遠くから見ても、濃〜いお顔でした。

「約三十の嘘」以外映画のタイトルはさっぱりなので、割愛。

北海道のスター・大泉洋さんの時には大歓声。
浅田美代子さん、上戸彩さん、ウルトラマンのみなさん、大澄賢也さん、別所哲也
さん、原田芳雄さん、長谷川京子さん、奥田瑛ニさん、松坂慶子さん…。
これだけですでに40分経過。

そしてやっと、大型スクリーンに赤絨毯入り口が映り、「約三十の嘘」チームが。
まず、椎名桔平さんと剣さんとパンダのゴンゾウ。
続いて中谷美紀さんと大谷監督。

ゆっくりと200メートルのけやき坂・赤絨毯を、着物姿が美しい中谷さんを中央
に、剣さんは向かって右ちょっと後方を歩く。

「剣さーん!」の声に、ちょっと振り返りながら軽く手を上げて応える剣さん。
余裕か?!

タキシードかも、と思っていたその日の服装は、黒のスーツに黒のシャツ
(ボタンはたぶん2個開け)、ちょい幅広の黒の帽子。
サングラスは茶系、襟元には金(きん)のブローチ。

一旦立ち止まり、写真撮影。
報道陣のフラッシュの嵐の中、剣さんはもちろんイイネ!ポーズ。

挨拶用のヒルズアリーナまで、約30メートルくらいなのですが、奥田瑛ニさんと
松坂慶子さんの組がまだ終わらず、4,5分の待機。

ちょっと落ち着かなげな剣さん。
その時気付いた剣さんのズボンの裾。
パ、パンタロン仕様だ…。
新調したのかな?ステキです。

前の組が終わって、ヒルズアリーナに向かう「約三十の嘘」チーム。
もう、ここに用はないので、アリーナが見える位置に移動。
順番に一言挨拶をして、司会者の質問に答えるのですが、2階からガラス越し、
しかも周りのざわめきで、剣さんが何を聞かれて、どう答えているかさっぱりわか
んない。
そこだけ聞こえた、最後の「イイネ!イイネ!イイーネ!」には、アリーナにいた
報道陣も観客もわたしも大喜びでした。

華やかでしかもフォーマルな場での剣さん。
ちょっと落ち着かなげだった場面もあったけど、堂々としていて素敵でした。

来年は間に合わないと思われるので、再来年あたりに「カンヌ」か「ベネチア」の
赤絨毯を是非!


(Thanks to 特派員ゴンゾウさん、SMILEさん)



12/01/04 TOKYO-FM 渋谷スペイン坂スタジオ 『MUSIC VIBES』

18:00ちょっと前にスペイン坂スタジオに行くと、すでに長〜い列が。
み、見れるかな?と不安になることしばし。
係員の先導に従って無事スペースをゲットしたものの、なかなか視界は厳しかったです。

ケンさん、収録の前に2度ほどブースに訪れて「イイネ!」ポーズをとったり、手を振った
りとサービス満点。
本日のファッションは、黒のスーツに黒のボルサ。オトナの魅力全開です。

18:30ちょっと過ぎ、いよいよ収録開始。
ひととおり紹介が済んだあたりで、シングル「あぶく」がかかります。
その間、ケンさんはパーソナリティの方と談笑したり、ブースの外へ向かって帽子カパカ
パ攻撃!と茶目っけいっぱい。

パーソナリティの方の質問に応えて「イイネ!」の起源(このあたりはみなさんご存知なの
で省略!)についてお話しされた後、
「ケンさんは、どうしてそんなにセクシーなんですか?」と、パーソナリティの方。
そーそーそー、その罪な色香はどこから?
そもそも、子供時代から大人っぽかった、とケンさん。
小学生の頃からタレサンをかけてたこととか、サッカーチームでみんながオレンジのユニ
フォームを着ている中、自分だけ赤を着ていたことを話すと、
パ「それって、すでにユニフォームじゃないじゃないですか!」
…その通りですね(笑) で、その返答たるや
ケンさん「でもやるんだよ、と。」
お馴染みのフレーズが飛び出します。
しかも、そのサッカーチームで何をしていたのか聞かれると、
ケンさん「玉ひろいですね。」

大人の男として大切なのは、人間関係も政治も同じだけど内政干渉しすぎないこと。
人に迷惑をかけないこと…などとおっしゃっていたと思います。

具体的なセクシーの根源はあまりわからないまま(そもそも、「セクシー」ってつかみどこ
ろがないですものね)、次の話題へ。

パ「初恋はいつですか?」
ケンさん「え〜と、それは肉体を伴う…?」
パ「(笑)いや、伴わない方で。」
「伴う」ほうも気になるところですが、小学生の甘酸っぱい思い出バナシに発展。
○○ちゃんも、○○ちゃんも…とステキな女子のお名前を羅列するケンさん。
パ「すでに二股じゃないですか!」
…その通りですね(笑) で、その返答たるや
ケンさん「あ、○○ちゃんも…○○ちゃんもいた。」
結局、4股だったみたい(笑)でも、「おとせたのは一人」。
主なデートの場所は、小学生だけに「お互いの家」(笑)。
そのほか、秘密基地で…なんてキュンとくるエピソードもありました。

よく車の中で聞いている曲は? という質問に答え、
お持ちになった「Brown Pride」(これがカッコよかった!)というチカーノ系のCDを流し
ていました。 ケンさん「あとは、ラジオですね」。

「CKBMV」の話題になり、
パ「映像の方にも、関わったりしますか?」
好みの方を選んでその方に一任している…答えてらっしゃいましたが、
そのあたりもみなさんご存知だと思うので省略!

♪時間というものは〜、誠に残酷!というワケで、あっと言う間の30分。
以上、超!女目線のレポでした。

(Thanks to ジャスミン茶さん)



12/05/04 パシフィコ横浜 『13th HOT ROD Custom Show』



そんなこんなでHOT ROD SHOW。
前日に買った洋服用レインガードも全くの無駄になり、素晴らしい晴天。
会場が広すぎてクルマの大きさをよく把握できなかったのですが、普通の駐車場には
まず入らない大きさのクルマたちでしたねー。
色も鮮やかなオレンジとか渋いブルーとか茶色がかった紫とか美しいアイボリーとか
(これはもちろん…!)、持ち主の皆さんの個性がよくあらわれていましたね。

会社に行くときよりも早起き、まるで遠足のような一日でした。

(Thanks to ぃよーこさん)


当たり前だけれど、車、バイクがいっぱい!
わーーー。どれも気持ちよいくらいピッカピカだー。
でっかーい車や(私の部屋くらいはありそう)、装飾がおもろいバイク(金物の落し蓋
そっくりなものがくっ付いてたりだとか)。
<私が乗るんだったらコレ!>とか妄想に思いをはせ、楽しく拝見させてもらいました。
とても奥深い世界なのですね。。。勉強させて頂きました。

そしてそして、剣さんのサイン会。
あれだけ多くの人の視線を浴びながらも、ひとりひとり丁寧に、にこやかに応じていらっ
しゃいましたね。
<疲れるだろうな〜>と思いながらも、私もしっかり。。。
最高の宝物が出来ました。

そして、初めての「The Mojos」
これが!剣さんが言われるところの<本牧音!>かーーなどと考えておりました。
しかししかし、CHIBOさんのカッコよさったら!うっとり。
ライブ、また是非見てみたいです。
黒づくめの衣装が何だか印象的で、信也さんも新宮さんも楽しんでいる様子が伝わっ
てきました。

そうそう、それから最後に、展示してあった剣さんのムスタングGTに、ご自身で乗り、退場するというパフォーマンスがありました。
通路の左右に多くの人。
人を掻き分けて行くGTの後姿に、何だか哀愁を感じ、思わず笑いが(イイ意味で)。
イイネ!

(Thanks to ともこさん)


行ってまいりました。
健さんに「お大事に〜」なんて言ってるうちに、自分も風邪をひいてしまい、
木曜から寝こんでました。
でも、なんとか日曜日には復活したくって、超!安静にしてたんですけど・・ね。
そう簡単には治ってくれないですね、今年の風邪は。

それでもなんとか熱も下がったし、行く気マンマンの、土曜の夜の私。
日曜の朝、窓を叩く雨の音と物凄い風の音で目覚めました。
「こ、こんなんじゃ行けない・・・」
フラつく頭で天気予報をみたら、「午後から晴れるじゃーん!」
・・・ってことで、はるばるパシフィコへ。

「わーーー!」っていうのが第一印象。
普段の自分の生活圏では出会えなさそうな人々。
超!ワイルドな、オトコ、オンナ、オトコ、オンナ・・・!
目が泳いじゃいましたよ。明らかに、場違いな感じのわたし。ま、いっか。

展示場の中は色彩溢れる、車!くるま!クルマ!
ソレにまつわる歴史も、付加価値も、名前すらも知らない私でも、
見て回るだけで充分楽しかったです。
値段とか聞いてビックリしましたけど。スゴイ世界なんですねぇ。

ひときわ、人だかりが出来ていたその場所は、剣さんのGT展示ブース。
「レディ」って感じの佇まい。チャーミングで品のある車ですね。
いいなぁ、乗ってみたい!

サイン会もこの場所で行われたんですけど、何かの記者会見かと見紛うほどの
写真・ビデオ攻勢でした。
みんながみんな、ケータイを頭上に掲げて剣さんを捉えようとする姿は、凄かった・・。

あーんなに大勢の人々からの遠慮無き視線、とても消耗するでしょうね。
一人一人に、にこやかにサイン&写真に応えてくれた剣さん。
「疲れるだろうなぁ・・」と、しおらしく心配しながら、
しっかり自分も並び、サイン、頂きました。。
ありがとうございました、剣さん。

ショウはまだまだ続きましたが、サイン会終了した時点で私はダウン。
楽しみにしてた『Mojos』のライヴを諦め、会場を後にしました。

☆おまけ☆
会場で遭遇したメンバーさん。
まず、テツニさん。なぜか、目があったまま逸らすことが出来ず。
続いて、小野瀬さん。ボーッと車を眺めてたら、横にいらっしゃいました。
黒のスーツでバシッとキメてらした小野瀬さんは、SPのよーな渋さで御座居ました。
最後、中西さん。何故か見るたび、小さな女の子に囲まれてる中西さん!
大人気なんですねー。子供の目線に合わせてしゃがんで、写真を撮ってあげてました。
優しいですね。
お・わ・り

(Thanks to つんさん)


ウワサの「The Mojos」。
お初に聴きましたが、クールでシャープでかっこイイ!
CHIBOさんのあまりのシブさにシビレてしまいました。
ベースの音が強調されるような曲もあり、
信也さんのCKBとはまた違う一面を垣間見た気がしましたし、
新宮さんは、やはりクールだなぁと見とれたり。
ぜひ他の曲も聴いてみたい!と思いました。

(Thanks to ジャスミン茶さん)


カッコいいクルマ、いったいおカネをどのくらいかけたのだろうって思うクルマが
たくさん! 励みになります(笑)
このクルマも立派にヴィンテージなのね?ってのも多くて、トシを感じました。
例年のイベントと違って、剣さんサイン会でお客さんが変わるのかと思いきや
まったくいつもの雰囲気でした。
剣さんのGTも展示されてましたよ。
並んで展示の純白のMACH-1と比べるとその微妙な色合いが良く分かりました。

で、サイン会はたくさんのお客さん。 各1サイン&1ショットですから大変そう。
朝から夕方までのイベント、お疲れさまでした。
剣さん、腱鞘炎にならなかったですかねぇ?

The Mojosのライブは、マイク(エコー)の調子が悪かったのですが、かえってその方が
CHIBOさんのヴォーカルがソウルフルに聴こえました。
「Knockin' On Heaven's Door」には、かなりグッときました。 泣きそ・・・
The Mojosのライヴは今夜(12/6)もありますので、どうぞ。

ステージには上がりませんでしたが、小野瀬さん、中西さん、テツニさん、愛子ちゃん
もお元気そうでした。 あ、廣石さん、見かけなかったですね(笑)

http://www.mooneyes.co.jp/photo/hcs04/report/index.html



12/18/04 HMV渋谷店 『「約三十の嘘」TALK SHOW』

行ってきました。トークショウ!
まず出てきたのが川勝氏。いつもライブでお見かけするのですが、
今日は司会でした。川勝さんも大好きですよねーーCKBのこと(笑)
何だか、誇らしげ!そんなお姿を見ると、こちらまで嬉しくなってしまいます。

映画の概要の説明の後、大谷監督、伴杏里さん、ゴンゾウくん登場!
ご挨拶があり、ひとしきりの会話のあと、<あぶく>のプロモーションビデオの鑑賞が
ありました。

その後、剣さん登場!
今日は、黒のスーツでパリッときまっていらっしゃいましたよ。

トークの内容はあんまり覚えていないのですが(失礼!)
映画のシーン事に、CKBの音楽がちりばめており、ばっちり合っているとのこと。
<あぶく>の詩の内容も映画を見れば、合点がいくとおっしゃってました。
楽しみですーー。

個人的に面白かったのは、川勝氏があぶくの詩のところで<イイ顔>が入ってます
ねーーと言われていた事!剣さんもへへへと笑われておられました。
<イイ顔>といえば、根本敬氏。個人的に根本漫画ファンの私。
<イイ顔>と聞けば、私も顔がニヤニヤ。
そういえば、幻の名盤開放同盟箱がでるのですよねーー。こちらも興味シンシンです。

そう、最後にちょっぴり<あぶく>を歌ってくださいましたよ。
なんだか、剣さんのやさしさ・サービス精神が伝わってきましたーー。

余談ですが、イベントが終わり、お茶をしたあと、HMVの前を通るとにゴンゾウくんが、
風船を配ってました。
思わずかけより、握手しちゃいました。へへ。ミーハーなわたし。
えっとですねーー、ふるい毛布のようなやらかい肌触りでしたよ。
変態くさくてスマセン。ではまたーー!逃げろっ。

(Thanks to ともこさん)


伴杏里ちゃん、顔が小さくてかわいかったですねー。
大谷監督はちょっとだけ新宮さんに似ていらっしゃいますね。
お話のハシバシからCKBが好きという気持ちが伝わってきました。
『剣さんがリラックスして歌ってくださるのが一番いいんでね』だそうです。
ゴンゾウ、ちょっと悪そうなパンダ、いいねぇ。
そして社長。
川勝さんに『代表取締役歌手、横山剣さん』と紹介されてました。
さすが川勝さん、イイネ!
ともこちゃんもおっしゃってますが、社長のスーツ姿、やはり素敵ですね。
最後には少しだけ社長ナマ歌唱の『あぶく』が聴けました。やった!

(Thanks to ぃよーこさん)


土曜日、行ってまいりました。剣さんがカッコ良かった、ってこと以外に
何をご報告すれば・・・?
なーんて。(笑)

トークショウは、一部・映画編/二部・映画音楽編という構成になってました。
トップでご登場の川勝さん。独特の間のある、味のあるステキな方ですね。
黒と白の幅広ボーダーのモヘアのざっくりニットを着てらして、それが、とっても
ゴンゾウぽくって可愛かったです。
隣にいたよーこに「ね、ね、パンダみたいだよね!可愛いよね!」
って、しつこく同意を求め「そ、そうだね。。頂いたら・・?」と、ウンザリさせてしまいました。
ごめんちゃい。

どうしても映画音楽の方に興味がいってしまいますが、
「この出演者だけでも2本は撮れる、豪華なキャスティング」
「舞台の殆どが列車の中。その限られた空間の中で6人がどんな科学反応を起こしてく
れるかが楽しみだった」
という大谷監督のコメントがありました。

見所などはWEBサイトなどでチェックしていただくとして(笑)
いろんな角度から楽しめそう。
フランス映画っぽい軽やかさがある、そんなイメージを私は持ちました。

二部にご登場の剣さん。お客さんを笑わせたり、惹きつけたり、アッという間に時は流れ。
『ナマあぶく歌唱』。一気に持ってかれました(笑)
イベント、ディナーショウと、多忙なスケジュールをこなされてますが、
お元気そうでしたよ、剣さん。

(Thanks to つんさん)


すっかり渋谷づいている12月。
普段はあまり足を向けないけど、剣さんがいらっしゃるとなれば!

イベントは二部構成になっていて、第一部は映画篇。
インタビュアーの川勝さん、大谷監督と伴杏里ちゃん、ゴンゾウの4人(?)。
当日は初日ということでシネクイントで舞台挨拶も行われていたそうです。
伴杏里ちゃんは、大谷監督が「中谷美紀さんに負けない『目ヂカラ』をもっている
女優さんを探していたら彼女しかいなかった」とおっしゃっていたように、目が印
象的な方で、たとえて言うなら「『野性の証明』のときの薬師丸ひろ子さんと同じくらい」
だそうです。
ミステリー仕立てなのでネタバレしないように撮影中のエピソードを中心に語られ
ていきました。

川勝さんは、「このキャストで映画2本は撮れますよね」と。確かに。
大谷監督も「奇跡です」とおっしゃってました。
最後のほうに大谷監督から「映画を見てから来た人!」「これから見ようと思って
る人!」「前売り券はもう買ってるという人!」という問いかけがありましたが、
パラパラっと手が上がる程度だったので「あとで剣さんから言ってもらおう」おっ
しゃってました。(笑)
第一部は『あぶく』のPVで終了。
初めて見ましたが、メンバーのみなさんと、キャストのみなさんがシンクロしてい
くのがすごくイイですね。
小野瀬さんが3割増しくらいにかっこよかったです。

さてお待ちかねの(コラ!)第二部は川勝さんの「代表取締役歌手 横山剣さんで
す。」で剣さん登場。
黒い細身のスーツに白いシャツ(ボタンは2個開け、胸毛がほんのちょっとチラリ)、
グレーの帽子、GUCCIの靴に、色の薄いサングラス。
剣さんは、もう最初から視線がアチコチと動いていて、ちょっと上の空?って思っ
たくらい。あ、でもさすが社長、視線は動かしながらも会話はしっかりと。
川勝さん「『朝』の歌詞にある『女モノのサンダル』なんてちょっとナマナマしく
はなかったですか?」
大谷監督「いや、もう、剣さんがリラックスして歌っていただくのが一番いいの
で…」と、かなりリスペクトしているのが伝わってきますね。
剣さん「クレイジーケンバンドのいかがわしさがよかったみたいで」と。
映画音楽のお話は中目黒のアートコーヒーで聞いたそうで(笑)、映像は「あとは
音楽だけ!」状態で仕上がっていていたのを見て、2,3日後「あぶく」を創った
そうです。
あとは、映画を見ると「あぶく」と「朝」の歌詞の内容がよくわかるとおっしゃって
いました。

最後に、川勝さんが伴杏里ちゃんについて聞くと「いいねぇ」(ニューバージョン
で)、ゴンゾウは?「イイネッ!」と、台本通りに。
剣さん「アドリブがきかないんでね」だそうです。
最後に退出するときには、「あぶく」を少し歌ってくださいました。
このサービス精神、ステキですねっ。

(Thanks to ごんたさん)



04/07/05 横浜スタジアム 『クレイジーケンバンド・ナイト』

超強風だけど暖かい本日の横浜スタジアム。
開幕してからやっと初のホームで戦っている3連戦締めくくりに、
クレイジーケンバンドナイト・剣さんと小野瀬さんが!
ベイスターズ、イイネ!

横浜スタジアムの入場ゲートにに着くと、スタジアム中に響き渡る
「来る日も来る日も朝帰りの〜♪」。
おぉ!いきなりイイネ!
中に入ると、いたるところにモニターがあり、画面には黒地に白ヌキで
「クレイジーケンバンドナイト」の文字。

グラウンドでは、ジャイアンツが打撃練習中。BGMは「香港グランプリ」。
清原(デカイ!さすが番長!)、仁志(カッコいい!)、由伸、ローズ、元木、
二岡、堀内監督までいるー!(当たり前!)
ジャイアンツファンの血が騒ぐも、ここは一塁側だからなんとしても我慢よ…。
しかし、ドームと違いオープンエアなので強風直撃なのがツライですね。

そうこうしている間にBGMは「ABCからZまで」。晴れた昼下がりのハマスタで
聴くこのメロディはまた格別。
あとで気づいたのですが、この日のBGMは「CKBB」からでした。
打撃練習のファールボールにご注意のアナウンスのあと、「BE A HERO」が
流れてきたとおもったら、電光掲示板の横の巨大モニターには神奈川県民ホール
での映像が!
きっとDVD収録の映像だよね!そーそー、剣さん、いろんなモノ投げていた
よねー、なんてウルッときちゃったりして…。

その後、日が暮れてきた17時45分ごろに、司会の人に紹介されて剣さんと
小野瀬さんが登場。
剣さんは黒いスーツ、白いシャツ(言うまでもなく2個開け!)、薄茶のサングラ
ス。(たぶん)グレーの帽子。
球団の方から大きな花束が贈られ、剣さんと小野瀬さんは観客席を向いて大きく
手を振ります。
そのあと、挨拶。「今シーズンも全開バリバリで頑張ってほしいネ!」と剣さん。
小野瀬さんは、すみません、剣さんを見ていてうっかり聞きそびれちゃった…。
しかし、巨大モニターに映った小野瀬さんの満面の笑み!ほんとにうれしいんだ
なぁと。。。
そして、球団マスコット・ホッシーとやるときゃダンサーズが出てきて「BE A HERO」
のダンスを披露。
剣さんと小野瀬さんも(たぶん)目を細めて見ていたことでしょう。

私が座っていたのが内野席だったせいか、超ベイスターズマニア(小野瀬さん級?)
なみなさんがいっぱいで、前に座っていたご家族連れ(お母さん+お子様2人)やサ
ラリーマンのグループがしっかりと曲を覚えていたのが印象的です。

わずか15分ほどのセレモニーでしたが、十分にクレイジーケンバンドを楽しめた
一日でした。

(Thanks to ハマの大魔神さん)



05/21/05 札幌HALL F-45 『Back to the 90's World Tour』

1.須永さんのDJに合わせて歌う。

  01. 男の滑走路
  02. 肉体関係
  03. 長者町ブルース
  04. Surf Side 69
  05. ロドリゲス兄弟
  06. 37℃
  07. GT
  08. アメ車と夜と本牧と

2.楽器はホーン隊が持っているのみ。

3.廣石さん踊り、でんぐり返り、小野瀬さんスーツにセカンドバッグ。

4.「GT」の2回目の洞口さんの叫びが下ネタで、小野瀬さん
  「お前なんか死んでしまえ〜!」と叱る。

(Thanks to ぷ〜にゃさま)



05/29/05 東京ベイNKホール『MTV MUSIC AWARD JAPAN』

ドレスアップした、すごい数の報道陣とオーディエンス。
ホールの外観とも相まってセレブな雰囲気が素敵です。
見たところレッドカーペットは150m〜200mくらいでしょうか。

少し日も暮れてきた16時10分ごろ、Jamiroquaiのあと(!)にリムジンで剣さん登場。
隣りにいたギャルたちも後ろにいたカップルもB系の男の子も「おお!剣さんだよ!
剣さーん!」と大興奮。
JKよりオーディエンスの歓声が大きかったような。(ほんとか?!)

その剣さんは初夏らしく、アイボリーのスーツに白いシャツ、茶色のサングラス、帽子
はナシのヨコワケハンサム。
アイボリーがレッドカーペットに映えてイイネ!
そして帽子ナシもうれしーネ!

まず、報道陣に向かってポーズ。
フラッシュの嵐を浴びた後、チケットを持ってないけど集まったオーディエンスにも
手を振り、ゆっくりと歩き出します。

MTVのイベントだからなのか、二度目のレッドカーペットだから余裕なのか(笑)、
昨年の東京国際映画祭のときより、表情も動きもリラックスしていらした感じでした。
国内外のセレブに混じり、堂々たる歩きっぷり。
さすが、東洋一レッドカーペットが似合う男!(言い過ぎ?いや、そんなことはない!はず)

その後もAshantiやMariah Carey、ピ(Rain)さん、安室ちゃんやKLEVA、ORANGE
RANGE、サンボマスター、ドラマ「タイガー&ドラゴン」にも出演中の蒼井優ちゃん、
叶姉妹(恭子さんの衣装は必見!)、お笑いではヒロシ(緊張からか挙動不審、そして
デスキヨシ)、南海キャンディーズ(しずちゃんまったく緊張無し。大物ですね)、ゴリエ
ちゃん (本物の“ペコリ”だ!)まで来ていました。

6月4日のオンエア(MTV 20:00〜23:00)が楽しみですね。

(Thanks to ぃよーこさま)



07/05/05 タワーレコード渋谷店『クレイジーケンバンド 横山剣 握手会』



20:00スタートの本日2回目の握手会。
会場には200人ほどのお客さんが集まっています。

レコード会社の方のMCの後、「タイガー&ドラゴン」を歌いながら剣さん登場。
15分ほど、ニュウアルバムのトークを展開した後、一人ずつ順番に"握手"。

皆さん、様々、思い思いに声をかけ、要求(*)をし、僅かな時間にかける想いが
垣間見えます。
そんな一人一人に、ゆっくりと時間をかけて、ゆるゆると進む行列。
全員との握手が終了したのは、1時間以上経過した後のことでした。

握手会終了後、BGMの「男の滑走路」に合わせて歌う剣さん。

簡単な"握手会"ではない、とても充実した内容のひと時でした。
(剣さん、疲れるだろな・・・)


- setlist -
01. タイガー&ドラゴン
02. 男の滑走路


(*)ハグして、チューして、このハンカチで汗拭いて、耳に息かけて、イーネして、
サングラス外して、いいこいいこして・・・(バカばっか←褒め言葉?)



07/11/05 NHKホール『ポップジャム公開録画』

行って来ました、ポップジャム公開録画。
こういうのって何年振りだろう?とわくわくする反面、いつものライブと勝手が違いました。
とにかく周りが若い!知ってる人が誰もいない!

会場に着くとかなりの長蛇の列。
最後尾は代々木公園まで延び、入れるのか?と心配でしたが、入口で渡された席番号は
2階の端っこながらそんなに後ろでない席。
それに、まだまだ満席にはなってませんでした。結構すごい人数入るもんですね〜。

そんなこんなで待つこと1時間、やっと始まりそうです。
ディレクターさんらしき人の説明で、どうやら2本分収録ということがわかりました。
効率よいのですね、こういうのって。
でも、座った席は音が割れてしまうのでよく聴こえず、全体を通してほとんど話はわからず
でした。
かろうじて、聞き取った感じですと、どうやらクレイジーケンバンド出演は2部で22日の深夜
に放送らしいです。
聞き取れなかったもう一つの原因…、出演バンドを次々と読み上げる中、若者に人気の
ある出演者になると悲鳴に近い歓声があがるあがる。 お姉さん、たじたじ。
出演者お目当てはともかく、どうやら司会者目当てもかなりいる模様。
「たかのり〜!たかのり〜!」と舞台にT.M.Revolution(たかのりめいくすれぼりゅーしょん)
様が出るたび大合唱が…。
出演者が曲紹介をされて今にも歌い出しそうでも、彼が引っ込む姿を追いかけ「たかのり
〜!」って、す、すごすぎる…。 これはうまく編集されるのでしょうか?

そして、叫びの最高潮は…L’Arc〜en〜CielL!舞台に出てから引っ込むまでhyde氏の
一挙手一投足に、いちいち大歓声。
若い娘さんの黄色い声っていうのを体感できました。
クレイジーケンバンドファンの皆様は大人だな〜って実感。
剣様の一挙手一投足にいちいち反応する私の叫びなんてまだまだ青い。
あの中に入ったら霞んでしまって足元にもおよびませぬ。
いや青いどころか、私達は黄色っていうより黄土色だよね〜って話し合う私と連れ。
なんせその他にも顔も名前も曲も知らない歌手が出てきて、「誰?」「知らない。」という会話
を交わすおばちゃま2人。
自分はまだまだ若い気でいましたが、本当に若い人に囲まれるとしっかり浮きますねぇ。
しかし、そんなおばちゃまが張り切った場面が!

1部が終わり、2部の前にまたディレクターさんの前説が。
改めて出演者の名前が読み上げられ、トップに出たのが我らがクレイジーケンバンド!
「きゃ〜!」と叫んで立ち上がり手を叩く私達を不思議そうに見る周りのお嬢さんたち。
でも、「剣さんてかっこいいよね〜。」と言ってる子もいました。
「ふん、当然よ!」とほくそ笑む私。

名前を読み上げられたのがトップでも、2部が始まってもなかなか出てこない。
他の出演者から考えると、大塚愛ちゃん(HEY!HEY!HEY!でも同日出演でチャンプ
だった)がトリかと思いきや、なかなかクレイジーケンバンドが出てこないばかりか、愛ちゃん
まで終わり!
そして、舞台セットの入れ替えにより、出てきたたくさんのミラーボール!
こ、これは間違いない!クレイジーケンバンドだ!
始まる前に歌う曲を予想してましたが、「777」と「Brown Metallic」の例でいくと1曲目だった
から、「男の滑走路」のはずだけど、長いしこの雰囲気に馴染むのか?
楽しい曲なら「ロドリゲス兄弟」や「逆輸入ツイスト」や「流星ドライヴ」だけど、決め手にかけ
る。
できれば、「魂拳 -Soul Punch-」がいいけど、NHKだと放送禁止だろうという結論により
ボツ。
「Transistor Glamour Girl」だとTOKIOのカバーとか言われかねないし、やっぱりあれ?
ということに。

さあさあ、スモークまで流れて来ていよいよ、準備が整いました!
司会者が現れ、「いよいよ最後のステージは…」と言いかけた時に、あぁクレイジーケン
バンドが大トリよ!と感慨深くなりました。
ぞろぞろと舞台に現れるメンバー達。
司会者は「たかのり〜!」ではなかったので、静かなのをいいことに剣様のお姿を見つけ
ると同時に、例の決め台詞を力いっぱい叫ぶ私。聞こえたかにゃ?
それにつられるように、あちこちからも「剣さ〜ん!」という歓声があがりました。
そして、あのイントロが…キタ━━━━━(゜∀゜)━━━━━!!!!「タイガー&ドラゴン」だ〜!
お? いきなりサビが。
「俺の、俺の、俺のひゃなしをきけぇ〜!」から始まるニュー?バージョンでございました。
でも、それで掴みはOK!私はもちろん、周りでも結構乗ってました。

終わった後、あちこちから若い娘さんの「剣さん、かっこいい〜!」という声。
先日のスペイン坂スタジオの時にも通りすがりの人が「誰?あ、剣さんだ、かっこい〜。」
と言ってました。
知名度があがったことを実感し、皆そろって「かっこい〜!」といううれしさ。

閑話休題。

お誕生日を迎えたばっかりと剣様が紹介され、MCは一切なし。
衣装の詳細は、TVで確認してね。
皆様ほとんどがスーツや白黒のタキシードで、剣様は帽子を被り、のっさんはサングラス
&シルクハット。
ただ、残念ながらフルメンバーじゃなかったんですよ。
モーションブルーでは、ホーンバージョンになってましたが、今回はなし。
CKBクラシックス&高橋さんという編成で、ちょっと寂しかったです。
でも、赤いカーテンをバックにスモークもくもくでミラーボールきらきらの中堂々と虎龍を
歌い上げ、最後に「ィい〜ねっ!」ポーズを決めてかっこよく去っていく剣様。素敵…。
なんかあっという間でした。
でも、ほとんどがファンではない中で見るクレイジーケンバンドも新鮮。
皆をしっかり魅了してましたよ!放送が楽しみです。

(Thanks to ぷ〜にゃさま)



07/15/06 『- Q New Album "BANGSTA" Release Party -@ageHa

cover
Q/THE BANGSTA
(→amazon.co.jp)


約1年半ぶりくらいのスタジオコースト。
Qさんのニューアルバムリリースパーティということで、「BANGSTA」に参加された
剣さんがご出演。
THE POWER OF DREAMS」でしょ?!これは行かなきゃ!
前回のm-flo、野宮真貴さんとコラボされた大きいステージではなく、ちょっと小さめ
の”FEVER”というブース。
15分くらい前に行っても、十分最前列のバーをつかむことができました(笑)
でも10分くらい押して始まったときにはもう人、人、人。

まず最初に登場したのはARIAさん。
ぱっつんぱっつんのHot Pants!とは、まさにこの人。
(すみません、歌よりもスタイルに見とれてました)
次に登場したのがDJ HI-Dさん。
この辺りで隣りとか後ろにいる女子たちから「剣さんは?剣さんまだなのかな?」とヒソヒソ。
おお!こんなギャルたち(笑)にも大人気!
でもさぁ、剣さんはトリに決まってるじゃん!?
いや、しかしHI-Dさん、めちゃくちゃカッコよかったです。
次の登場は武史(flom山嵐)さん。
ウッドベースを持っての登場。オーケストラで使うような感じ。大きいー!
武史さんは首から手首足首までTATOOいっぱい!
うっかり「ドクロ町ツイスト」を思い出しました。

そして、やっと、ギャルたちもお待ちかねの剣さん。
なんと、愛子ちゃんとテツニさんも一緒だー!うれしいサプライズ。
ここで大歓声とともに後ろから横から押される押される。

♪Sunday Monday Tueseday Wednseday♪

ライブハウスツアーでちょこっとだけ演奏されていたのが、Qさんも一緒に目の前
で観れるなんて!
ブースも、収集つくの?っていうくらいの熱狂、興奮の坩堝。
あまりの熱さに記憶が途切れ途切れです。

終わった後、一緒に行った、初めてナマ剣さんを見た会社のラッパーくんたち
(年齢23〜25才)も大興奮。
「マジ(↑)すごいっすよ!」「剣さんマジ(↑)かっこいー!」「マジ(↑)やばいっすよ!」
「そうでしょー、そうでしょー」とわたし。

たった一曲だけだったけど、わたしにとっては値千金。いや億金の(約)5分でした。

(Thanks to YO!さま)



03/11/07 東京・TOWER Cafe「てんやわんやですよ」発売記念イベント

- setlist -
01. てんやわんやですよ
02. た・す・け・て
03. 家に帰ろうよ
04. ちょいワルおやじ(リクエスト)
05. 香港的士(リクエスト)
06. あぶく(リクエスト)
07. 昼下がり(さわり)
08. ある晴れた悲しい朝(さわり)
09. 香港グランプリ(リクエスト)
10. てんやわんやですよ(歌いながら退場)

▼総計1000人の応募があったそうです。


03/11/07 東京・HMV渋谷「てんやわんやですよ」発売記念イベント

- setlist -
01. てんやわんやですよ
02. た・す・け・て
03. 家に帰ろうよ
04. ヨコハマ少年グレン隊(リクエスト)
05. 渦(リクエスト)
06. 空っぽの街角(リクエスト)
07. てんやわんやですよ

▼当然落選と確信していたのですが、なぜか当選いたしましたので、
常日頃CKDBを支えていただいている皆さんを代表(ホントか?!)して
参加して参りましたので、謹んでレポいたします(笑)

店舗の一角をクローズド・スペースとして150人を招待してのイベントです。

剣さん自らCDをセット・回してのDJスタイルでのステージ。
CD全作品を宣伝を交えつつ解説。 とりわけ、「てんやわんやですよ」に
C/Wの「た・す・け・て」の小野瀬雅子ちゃんの活躍ぶり(増量 by CK)
について、アルバム「ショック療法」の「たすけて」と聞き比べつつ(笑)。

アルバム「クレイジーケンズ・ワールド」「パンチ!パンチ!パンチ!
ゴールドフィッシュ・ボウル」までの借金話、枚数などの"怨念"をひとしきり(爆)

歌いつつ、ソロのパートでメンバー紹介してみたり、アレンジ自慢したり、ホーンセクション
まで歌ったりと個人的には大爆笑の楽しいステージでした。

その後、黒のスーツからカジュアルな服装に着替えた剣さんの握手&サイン会。
その場で一人一人と丁寧に応じながら名入りのサインをする剣さん。
様々な抱擁(オトコ、オンナ、軽いの、濃いの、暑苦しいの、長いの)を眺め
(そんなことしてるもんだから2時間かかる(笑))、サインを頂戴して参りました。

そんな(どんな?)剣さんのお人柄がにじみ出るような、楽しいイベントでした。



07/17/07 日本テレビ「Music Lovers」公開収録


- setlist -
01. GT
02. せぷてんばぁ(リリー・フランキーさんギター参加)
03. タイガー&ドラゴン
04. タオル(Music Lovers特別バージョン)
〜アンコール〜
05. また逢う日まで
〜撮り直し〜
06. GT

▼クレイジーケンバンド友の会会員の応募者から抽選で200人招待での公開収録。
トークは、CKB CLASSIXで登場。
赤坂泰彦さんとリリー・フランキーさんとのCKBへの愛があふれるトークはオンエアを
ご覧ください。
2007年月8月12日オンエア予定だそうです。

(Thanks to ダウニーさま)



12/08,09/07 「クレイジーケンズ マイ・スタンダード」発刊記念サイン会
青山ブックセンター六本木店/有隣堂本店


▼「クレイジーケンズ マイ・スタンダード」の発刊を記念して、各店予約先着100人限定
でのサイン会

ひとりひとりと会話と握手をしつつの剣さんのサイン。



02/06/08 横山剣の親の店「SUZIE WONG」開店


▼オフィシャルより。

シンデレラ・リバティ』より重要なお知らせ。
“湘南モノレール沿線でいちばんダメな特殊雑貨商”として、地元の皆さまはもとより、
重度の狂剣病患者の皆さまからも厚いご愛顧を頂いて来た『シンデレラ・リバティ』ですが、
業績不振による経営困難に陥り、昭和83年(2008年)1月27日をもって閉店することとなり
ました。まったくトホホのホでございます。
永年にわたり、ご愛顧いただきましたことに謹んで御礼申し上げます。多謝!
シンデレラ・リバティ店主


SUZIE WONG』 横浜中華街にOPEN!
なお、これに代わりまして、2008年2月6日(中国旧正月の大晦日)より横浜中華街・関帝廟
通りに建つ「横濱バザール」というビルヂングの2階に場を移し『シンデレラ・リバティ』の変化
身『SUZIE WONG』として出直す運びとなりました。
『シンデレラ・リバティ』の滅多に雑多な電波性も、店主もそのままに、“CHINA TOWNでい
ちばんダメな特殊雑貨商”として、各種雑貨、いやげ物、CK'S USED(クレイジーケン愛用
品)、CRAZY KEN'S SYNDICATE OFFICIAL GOODS等、好奇心をくすぐる品々をご用
意して、地元の皆さまはもとより、重度の狂剣病患者の皆さまのご来店を心からお待ちして
おります。



07/20/08 クールス33周年イベント「BIG POWER SHOW」@LIVE HOUSE HUNGRY

01. シンデレラ・リバティ

H.R.H.S. BLOGから。
朝10時に大黒パーキングエリアに集合し、秀光さんのトライクを先頭に千葉までツーリング。
CKBのバイクチーム「CKMC」も同行しました。
ライヴでは17歳の時に作った「シンデレラ・リバティ」を久しぶりに熱唱。
現マネージャーのトニー萩野(元COOLS RC)もベースで参加しました。

なんだかんだで300台も集まったらしい…



07/20/09 TOKYO FM スペイン坂スタジオ (11:30〜18:55)公開生放送
『TOKYO FM HOLIDAY SPECIAL
SUNSTAR TONIC Presents
 爽るTONIC, SOUL MUSIC, 爽るFESTIVAL』

出演: 横山剣 松本ともこ ぼれろ(爽るキャラバン隊)
ゲスト: BONNIE PINK トータス松本 姜尚中 古内東子



▼[11:30]
>(オープニングMC) -> GT
・Shock HAWAIIAN Shock
・あぶく

▼[12:00台]
『横山レコード』 テーマ: デュエット
・So High (CLUD 9 REMIX)/John Legend feat. Lauryn Hill
・You Are/Estel feat. John Legend
・Chocolate High/India Arie feat. Musiq Soulchild

『爽る!ゲスト』 BONNIE PINK
・Fed Up feat. Craig David (Album 「ONE」 より)
・秘密 (Album 「ONE」 より)

『蔵からひとつかみ〜横山剣 蔵出しセレクション1 』
・中古車 (デモテープver.)

>HONMOKU MASSIVE 告知 (BGM: 本牧宇宙人)

▼[13:00台]
・昼顔

『ニューアルバム 「ガール!ガール!ガール!」 試聴コーナー』
・SOUL通信
・DUET
・俺の夢

『横山レコード』 テーマ: ムスクオイルな3曲
・Baby Come Back/Player
・Down By The Sea/Kalapana
・Lowdown/Hindsight

『蔵からひとつかみ〜横山剣 蔵出しセレクション2 』
・シーソー (デモテープver.)

▼[14:00台]
『爽る!ゲスト』 トータス松本
・明星 (Album 「FIRST」 より)
・This Little Light Of Mine (Album 「FIRST」 より)

『横山レコード』 テーマ: トータス松本さんに歌ってほしい2曲
・Funky Street/Arthur Conley
・Tight'n Up/Sonny Bravo

『ニューアルバム 「ガール!ガール!ガール!」 試聴コーナー』
・夕食
・マリンタワー・ゴーゴー
・ガールフレンド(アルバムver.)

『蔵からひとつかみ〜横山剣 蔵出しセレクション3 』
・ガールフレンド (プリプロver.)
>HONMOKU MASSIVE 告知 (BGM: 本牧宇宙人)

▼[15:00台]
『うず スタジオ・ライヴ』 w/新宮虎児
・ハワイの夜
・女のみち
・本牧ビーチ・フィールド
・肉体関係 (イントロのみ)
・せぷてんばぁ

『爽る!ゲスト』 姜尚中 (カンサンジュン)
・Born To Be Wild/Steppenwolf

>HONMOKU MASSIVE 告知 (BGM: 本牧宇宙人)
・スポルトマティック

▼[16:00台]
『横山レコード』 テーマ: サンセット
・If You Leave/Musiq Soulchild feat. Mary J. Brige
・To Many Games/Maze feat. Frankie Beverly

『爽る!ゲスト』 古内東子
・よくある物語 (Album 「IN LOVE AGAIN」 より)
・カサノバ (Album 「IN LOVE AGAIN」 より)

『蔵からひとつかみ〜横山剣 蔵出しセレクション4 』
・肉体のブルース (デモテープver.) *ヒルトップ・モーテルの原曲

>HONMOKU MASSIVE 告知 (BGM: 本牧宇宙人)
・37℃

▼[17:00台]
『夏のクレイジーケンバンド ぶっちぎりベスト10』
・10位 空っぽの街角
・09位 せぷてんばぁ
>HONMOKU MASSIVE 告知 (BGM: 本牧宇宙人)
・08位 BRAND NEW HONDA
・07位 ハマ風 (w/ハマ風 for middle & mellow)

▼[18:00台]
・06位 タオル (w/音楽力)
・05位 昼顔
・04位 男の滑走路
・03位 ガールフレンド
・02位 ☆☆☆☆☆
・01位 GT
>(エンディングMC) -> BGM:ガールフレンド

(Thanks to ももぞのさま)



07/20/09 TOWER RECORDS 渋谷店
ニューアルバム『ガール!ガール!ガール!』大試聴会

出演: 横山剣 新宮虎児

01. 昼顔
02. VIVA女性
03. ガールフレンド (アルバム・バージョン) *イントロのみ
04. うっかり八時の半太郎
05. 昼顔
06. 夕食
07. お引越し
08. メリメリ *イントロのみ
09. eye catch/泣いていた女の子
10. SOUL通信
11. 僕らの未来は遠い過去
12. マリンタワー・ゴーゴー
13. ギラギラ
14. 小東京
15. DUET
16. 俺の夢
<うず LIVE>
17. ハワイの夜 
18. 肉体関係 *イントロのみ
19. 女のみち
20. 本牧ビーチ・フィールド

▼試聴会は、TOWER RECORDS 渋谷・新宿店のいずれかで、7.22発売の
ニューシングル 「ガールフレンド」 の予約購入者を対象に開催。 (先着招待)

本編となる、アルバム試聴は、剣さんの曲目解説に加え、全曲カラオケ方式で歌唱披露。
なお、ガーチャンも、MPC(SE)操作で全曲アシスト。

また、この日、結成が明らかとなった、新ボーカル・デュオ 『うず』 のライヴでは、
剣さん(ボーカル、キーボード、リコーダー)、ガーチャン(アコースティック・ギター) の
編成により、全3曲を披露。

(Thanks to ももぞのさま)



08/13/09 バーニーズ・ニューヨーク横浜店/横浜マリンタワー
『ウィンドウ・ディスプレイ&クレイジーケンバンド・コーナー』

▼バーニーズニューヨーク横浜店×横浜マリンタワー×CKBの
コラボスペシャルウィンドウディスプレイが期間限定(2009.08.13-2009.09.02)で
バーニーズ ニューヨーク横浜店に登場しました。
また、横浜マリンタワーには、クイジーケンバンド・コーナーが開設されています。




08/21/09 DRAGON CLUB
『クレイジーケンバンドラジオショウ H.R.H.S. スペシャルイベント』
出演: 横山剣、日東色素(高梨浩・五十嵐義博
ゲスト: チャーリー宮毛、菅原愛子、ISO from I.S.O.P.
LIVE: SKA-9、日東色素


▼ドアオープン
フロアDJ:高梨浩・五十嵐義博from日東色素

▼日東色素ライヴ
01. 夏だ!ピッキング祭り
02. 夜のマネージャー
03. 食虫植物の歌(I'm Waiting For You Forever)
04. GHQ数え歌
05. 逢えない事情
06. 鳩に託して

▼クレイジーケンDJコーナー
01. Se Voce Pensa/Elis Regina
02. 『H.R.H.S.番組オープニング』
   -> アメ車と夜と本牧と/クレイジーケンバンド
03. Move On Up/Curtis Mayfield
04. 『横山剣音楽事務所選曲コーナー 「GANGSTA LUV」 』
-> Gangsta Love/South Central Cartel
05. La La Means I Love You/The Jackson5
06. La La Means I Love You/Fingazz
07. La La Means I Love You/Alton Ellis
08. ララは愛の言葉(La La Means I Love You)/COOLS R.C.
09. シンデレラ・リバティ/COOLS R.C.
10. シンデレラ・レブリ (シンデレラ・リバティ デモテープver.)
11. 『横山剣音楽事務所自動車倶楽部がお届けする「MIDNIGHT CRUISER」』
-> Mustang Cor de Sangue(血の色のムスタング)/Marcos Valle
12. Darling Dear/The Jackson5
13. 『チャーリー宮毛のローカルフライト通信』
   -> Besos de Caramelos/Joe Loco(選曲:チャーリー宮毛)
14. Candy Lights/チャーリー宮毛&エル・ラテン・スウィンガーズ
15. 『Rude Boy Anthem』
-> Little Bithch/The Specials
16. Give Me A Chance/Patsy Tadd
17. Hey Jude/Rico Rodriguez
18. 横浜レゲエ祭2009のテーマ/MIGHTY CROWN FAMILY
19. SAMI-T&GUAN CHAI/ふざけんじゃねぇ
20. I Believe In Miracles/Jackson Sisters
21. 『Aico Chang! Hoikita!』
   -> エニタイムフロート/AICO SUGAWARA from CRAZY KEN BAND&MOOMIN
22. OPUS21/菅原愛子 w/ISO from I.S.O.P.
23. 音楽力 w/Full Of Harmony×ISO from I.S.O.P./クレイジーケンバンド
24. Stay with Me/Al Green
25. 横顔 -> メリメリ -> あぶく(リクエスト)

▼SKA-9 ライヴ
01. Isezaki-Cho Skunk
02. Love Potion Number 9
03. Do The Dance
04. My Home Town
05. ひとかけらのチョコレート
06. ウィスキーが、お好きでしょ
07. Stay With Him
08. Bye Bye Love
〜アンコール〜
09. Messin' With The Kid
10. Monkey Man

▼『時間というものは残酷なものでございやす』
MC:横山剣&エルカミナンテ岡本
01. Sabor A Mi/El Chicano
02. Sabor A Mi/(アーティスト不明)

▼クロージング
フロアDJ:五十嵐義博(日東色素)


【クレイジーケンDJコーナー補足】
10. シンデレラ・レブリ(シンデレラ・リバティ デモテープver.) は、剣さんが17才当時、
はじめて同曲をカセットに吹き込んだ時の貴重なテープ音源より。
ちなみに、この最初期テイクと、後のOKテイクとでは、歌詞の一部が異なる。
13. Besos de Caramelos / Joe Loco は、チャーリー宮毛氏、持ち込みの
アナログ盤より。
16. 曲名・アーティスト不明。 同曲は、その昔、原宿のDEPT STORE で働い
ていた友人からもらった、ミックス・テープの中に収録されていた1曲との
ことで、曲調は、ROCK STEADY(ROOTS REGGAE風)のナンバー。
21. エニイタイム・フロート は、愛子ちゃん歌唱披露。
なお、MOOMINのボーカルパートは、剣さんが全般フォロー。
22. OPUS21 では、愛子ちゃん、さらに ISO氏を迎え、歌唱披露。
23. 音楽力では、剣さん、愛子ちゃん、ISO氏、3名による歌唱披露。
また、Full Of Harmony のボーカルパートは、愛子ちゃんが全般フォロー。
なお、輪唱コーラスパートは、3名がそれぞれの部分をカバー。
25. 横顔 -> メリメリ -> あぶくは、一定のビートサンプルに乗せて、
剣さんが歌唱披露

*その他、同コーナーでは、各曲とも、剣さんの曲目解説+(ほぼ全曲)歌唱披露あり。

(Thanks to ももぞのさま T-2さま YUCOLEEさま)



01/10/11 HMV横浜VIVRE
クロージングイベント
『Crazy Ken's KARAOKE Show Case』
出演: CKB Tres(横山剣、スモーキー・テツニ、菅原愛子、/ISO from I.S.O.P.)

00: 1107(をBGMに登場)
01. 葉山ツイスト
Opening SE: MASTA SIMON and SAMI-T (from Mighty Crown)
02. スージー・ウォンの世界
03. 発光!深夜族
04. ランタン
05. タオル -> 音楽力
06. MINT LIPS w/ISOP
07. GT
08. Shock! Hawaiian SHOCK!
09. 混沌料理
10. 路面電車
11. RISE&SHINE
12. 仮病
13. Eye Catch/世界にひとつのCKB
14. SOUL通信
15. シャンタン

▼歌ったりしゃべったりの剣さんCDJで、とても楽しいひと時でした。

FM Yokohama Official Blog

(Thanks to マリンさま)



01/15/11 横浜マリンタワー
開業50周年
『マリンタワーで乾杯!』
出演: CKB Tres(横山剣、スモーキー・テツニ、菅原愛子、/ISO from I.S.O.P.)

00. 1107(をBGMに登場)
Opening SE: MASTA SIMON and SAMI-T (from Mighty Crown)
01. スージー・ウォンの世界
02. タオル -> 音楽力
03. 夏肌(BGMで紹介)
04. My Time(BGMで紹介)
05. MINT LIPS w/ISOP
06. GT
07. Shock! Hawaiian SHOCK!
08. メリメリ
09. True Colors
10. ギラギラ
11. マリンタワー・ゴーゴー
12. Eye Catch/世界にひとつのCKB
13. SOUL通信
14. ブラジルの神

▼剣さんが名誉館長を務める横浜マリンタワー開業50周年のイベント。
剣さんCDJがとても楽しい「Crazy Ken's KARAOKE Show Case」でした。

(Thanks to マリンさま)



04/14/12 yokohama Bay Hall
『クレイジーケンバンド・ラジオショウ
HONMOKU RED HOT STREET 'GARAGE PARTY'』



出演: 横山剣、小野瀬雅生、スモーキー・テツニ、菅原愛子、ISO from I.S.O.P.
チャーリー宮毛、日東色素 (高梨浩・五十嵐義博)
ChozenLee from FireBall、エルカミナンテ岡本

LIVE: SKA-9
CHIBOW (vo.)、森俊也 (dr.)、リュウイチ (g.)、新宮虎児 (g.)、西内テツ (ts.)
今泉 (tp.)、ケンロウ (key.)、カクタ & カンダ (engineer) 、KUUBO (b.)

▼… H.R.H.S. 番組内 各コーナー仕立て
★… 歌唱披露あり 

---------------------------------------------------
― 第1部 ―
---------------------------------------------------

▼OPENING:
FM ヨコハマ 『HONMOKU RED HOT STREET』 番組オープニング

・アメ車と夜と本牧と

>MC: CK×SMOKY-T

・Aa Dekhen Zara / Rahul Dev Burman with Asha Bhosle and Kishore Kumar
+MASTA SIMON and SAMI-T (from Mighty Crown)

▼横山剣音楽事務所選曲コーナー 「GANGSTA LUV」
・曲目不明 (フランスのGANGSTA RAP)
・空っぽの街角 / クレイジーケンバンド ★一節

▼横山剣音楽事務所自動車倶楽部がお届けする 「MIDNIGHT CRUISER」
→剣さんのかつての愛車、フォード・ムスタングのお話し
・路面電車 / クレイジーケンバンド ★一節
・曲目不明 (路面電車 のルーツ曲)
・曲目不明 (台湾の歌)
・曲目不明 (カンボジアの歌)
・そんな女のひとりごと / 増位山太志郎 ★
・妻になりたい / 愛たかしとナイト・プラザ6 ★

▼エル・カミナンテ岡本のラテン横丁
→ラテン語で 「春」=プリマヴェーラ(prima vera) の発音を練習
・ロドリゲス兄弟 / クレイジーケンバンド
・サボさんまいったな / クレイジーケンバンド
・別れのマンボ feat. なかの綾 / ウィリー・ナガサキ
・私の彼は雪だるま / アラスカ・バンド
・Jolene / アーティスト不明
・Y.M.C.A. / アーティスト不明
・Volare / アーティスト不明
・Acangana / El Gran Combo

>MC: CK×SMOKY-T

▼チャーリー宮毛のローカルフライト通信
→自身の青年期をはじめ懐かしいシナモン・フィーリングなお話し
・ヤングおー!おー! オープニング音源
・ヤングタウン オープニング音源
・KISS MARK / Chibo & The Bayside Street Band
・曲目不明 (ラウンジ風ナンバー)
・曲目不明 (ラウンジ風ナンバー)
・CONEY ISLAND / チャーリー宮毛&エル・ラテン・スウィンガーズ ★
※フル歌唱披露+前列の来場者と握手

>クロストーク: チャーリー宮毛×CK
>MC: CK×SMOKY-T

▼CHIBOWのルーツロック100選 ゲスト: ChozenLee
・Revolution Rock / Danny Ray

>MC: CK×SMOKY-T

▼日東色素のホンモクでハンモック
・曲目不明 / Ray Riviera
・El Gran Combo / Cinnamon
・瓢箪(ひようたん)ブギ / 春日八郎
→日東色素 歌謡ショウ(LIVE)
・鳩に託して ★
・酔わせてトゥナイト ★
・袖の下音頭 ★

>MC: CK×SMOKY-T
・Hold On I'm Comin' / Sam & Dave ★一節

▼Aico Chang! Hoikita! ゲスト: ISO from I.S.O.P.
・(FREE STYLE) -> 半径5mを超えろ / ISO from I.S.O.P. ★
・Flightripper / ISO from I.S.O.P. ★
・ゴールライン(新曲) / 菅原愛子 ★
・夏肌 / 菅原愛子 ★
・MINT LIPS / 菅原愛子 w/ ISO from I.S.O.P. ★

>MC: CK×SMOKY-T
・音楽力 / クレイジーケンバンド ★CKパートのみ

▼小野瀬雅生でございます
・曲目不明 (変拍子の曲)
・深沢七郎 ナレーション
・Baby cruising Love / Perfume
〜以下、テクノ系サウンド 6曲をノンストップMIX〜
・マカロニ・イタリアン / クレイジーケンバンド

>MC: CK×SMOKY-T
・発光!深夜族 / クレイジーケンバンド ★一節

---------------------------------------------------
― 第2部 ―
---------------------------------------------------

>MC: CK×SMOKY-T

▼CK フリーコーナー #1
・長嶋茂雄ナレーション
・岡本太郎ナレーション
・アントニオ猪木ナレーション
・勝新太郎ナレーション
・曲目不明 (浪曲風トラック)
・シーソー (SEE SAW) / CK×SMOKY-T ★
※鍵盤ショウ CK×SMOKY-T デュエット

▼てっちゃん何持って来たの?
・Rainy Night in Georgia / Brook Benton ★
※スモーキー・テツニ フル尺歌唱

▼CK フリーコーナー #2
・Give Me a Chance / Millicent Todd (Queen Patsy)
・SMILE SMILE SMILE / FIRE BALL & 横山剣 ★
※ChozenLee を迎えてフル尺歌唱披露
+チャーリー宮毛、菅原愛子 ステージ再登場

>MC: CK×SMOKY-T

出演者紹介 〜中締め〜 セットチェンジ(休憩)

---------------------------------------------------
― SKA-9 LIVE ―
---------------------------------------------------

01. Honmoku Skanin' Boogie
02. Monkey Man
03. My Home Town
04. ひとかけらのチョコレート
05. Bye Bye Love
06. More Than I Can Say
07. Ball Of Fire
08. Skinheads Life Goes On!
09. It's too Late
10. Walking the Dog
11. Wooly Bully
12. Love Potion No.9
13. Crazy Love
〜ゲスト呼び込み〜
14. Knockin' on Heaven's Door w/ 小野瀬雅生
15. タイガー&ドラゴン w/ 横山剣、小野瀬雅生
16. ワンダフル・ワールド w/ 横山剣、小野瀬雅生
17. また逢う日まで w/ Honmoku Red Hot Street All Stars

〜出演者紹介〜

-END-

(Thanks to ももぞのさま)


FM Yokohama H.R.H.S. Official BLOG



09/16/13 『僕を呼んでおくれ』@GRAND Cafe


DJのジョーとヒグチさん主宰の和モノのイベント。
スペシャルゲストに剣さん、小野瀬さん、テツニさんがご出演。

- ノッサンサイド -
・Le Clochard / Focus
・Rock & Rollers / Angel
・恐怖!! ふじつぼ人間 / 人間椅子
・Unchain / Unkie
・夜へ急ぐ人(ちあきなおみに捧ぐ) / 友川かずき
・輪郭 (Rinkaku) / DIR EN GREY
・落日のテーマ / 五輪真弓
・空と雲 / 四人囃子
・The Big Shirts / 電気グルーヴ
・東京タワーの歌 / 寒空はだか
・スキスキスー / 細川ふみえ
・インベーダーインベーダー / きゃりーぱみゅぱみゅ
小野瀬さんのオフィシャルブログより)

- 剣さんサイド -
Opening SE:
Aa Dekhen Zara / Rahul Dev Burman with Asha Bhosle and Kishore Kumar
+MASTA SIMON and SAMI-T (from Mighty Crown)

・ポンチャックメドレー

- てっちゃんけんちゃん -
・心の旅
・悲しくてやりきれない
・帰って来たヨッパライ
・あの素晴らしい愛をもう一度
・虹と雪のバラード
・てなもんや三度笠
・オー・チンチン

わかばさん、シンヤマン、スターも観に来てました。

(Thanks to ふゆたくさま)



07/05/14 『京都×横浜 ロックンロール友好都市会議 バンヒロシ大学』
@浄土宗西山深草派総本山誓願寺



出演:バンヒロシ、安田謙一  ゲスト:横山剣

会場は正面に阿弥陀如来がお座りになった御堂で、畳の上に椅子が置かれています。
観客は120〜130人程度、いろんなライブ会場で見かける顔多々。

18:30を少し回って開演、バンヒロシ、安田謙一、剣さんの順番に登場です。
剣さんは「横浜ィイネ大学学長」と紹介、白ボルサリーノ、ブラウン系のタレサン、
モスグリーンのアロハっぽいシャツに白パンツ、その上に薄手の袈裟を羽織っての登場。

すぐに僧職による読経が始まったのですが、太鼓のリヅムが結構ハゲしくてビックリ。
芸事上達も祈願されてました(笑)。

一時間目は「歴史」。バンちゃん、剣さんの少年時代以降を主にYouTubeで曲紹介
しながら、振り返るという趣向。
曲は、「お聞きください皆様よ」(津田耕次)、「女のみち(漫才付き)」(ぴんからトリオ)、
「円楽のプレイボーイ講座12章 第6章」(前田憲男とプレイボーイズ、三遊亭円楽)、
「ルイジアンナ」(「夜明けの刑事」劇中、キャロル)、「紫のハイウェイ」(クールス、
なかなか動画が出てこなくて、バンちゃん、剣さんがサワリをアカペラで)、
「シンデレラリバティー」(クールスR.C)等。

剣さん関連では既出情報が多かったですが、修学旅行の時、すき焼きキムラで
御飯を21杯食べた、お土産に木刀買って(?)丸坊主に、「香港グランプリ」の振付は
「すっとびヒロシ五十三次」の振付からのパクリ等。

二時間目「音楽」。最初に出演者が、扇子にサインとひとことを書いて奉納。
剣さんのひとことは「なかよし」。扇子は今後、御堂内に飾られるとのことで、遠方の
剣さんファンが訪れるか、と。

その後は歌唱タイムで、バンちゃん「すっとびヒロシ五十三次」、安田謙一「曲名不明」、
横山剣「スパークだ!」(人前で歌うのは初めてとのこと、みんなの歌バージョンより長い
フルバージョン)、ばんちゃん「曲名不明」。

帰りにお土産おたべ(生八つ橋)とバンヒロシ卒業証書(バンヒロシ コンパイルCD)を
貰いました。
CDには小林旭の「宇宙旅行の渡り鳥」が入ってて、剣さんの「ィイネ!」もサンプリング
されてました。

(Thanks to ふゆたくさま)

FM-Yokohama H.R.H.S. Official Blog



07/19/14 『クレイジーケンバンド ニューシングル「スパークだ!」発売記念 実演販売』@ラゾーナ川崎プラザ 2Fルーファ広場 グランドステージ


実演:横山剣

ニューシングル「スパークだ!」発売記念の実演販売イベントが
ラゾーナ川崎プラザ 2Fルーファ広場 グランドステージで開催
されました。

グリーンのアロハシャツの剣さん、タイガー&ドラゴンをバックに登場。
Aa Dekhen Zara / Rahul Dev Burman with Asha Bhosle and Kishore Kumar
+MASTA SIMON and SAMI-T (from Mighty Crown)をオープニングに、
音楽力、T字路、ルイジアンナ、ファンキーモンキーベイビー、
新曲からは、ドライブドライブドライブ、血の色のスパイダー、
ハートブレイクBBQ、龍鳳閣、モータータウンスウィート、スパークだ!を、
透明高速のコード進行の説明、川崎大師、葛餅の話、キャロルのこと、
FireBの曲を交えつつのDJプレイでした。

その後、長大なる撮影会が実施されました。



08/06/16 『クレイジーケンバンド 17thアルバム「香港的士」発売記念 実演販売』@ららぽーと横浜セントラルガーデン


実演:横山剣&スモーキー・テツニ

17thアルバム「香港的士」発売記念 実演販売』が、ららぽーと横浜セントラルガーデンで開催されました。

01. 香港的士
02. 香港的士 神崎まきver.
03. タイムトンネル
04. タイムトンネル TUBE ver.
05. 退屈な日曜日
06. 退屈な日曜日 SMAP ver.
07. Sex Machine テツニダンスとget on up
08. オヤコのマーチ
09. オヤコのマーチ シゲル・ブラウンver.
10. 茶番劇
11. キイハンターのテーマ(茶番劇に似てるということで)
12. シンデレラ・リバティ
13. シンデレラ・リバティ クールスRC ver.
14. トラベリン・バス
15. PLEASE

(Thanks to ふゆたくさま)